ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

リボーンアワードのすべて

リボーンアワードはセミナーを聴きに行く場所じゃないんです!

vol.4235


いよいよ

本番の12月6日まで
10日を切った

このリボーンアワードは

一般的なセミナーとは
違う立ち位置でやっている

誰かが
自らの経験をノウハウに変えて

それを体系化して
すぐに実践できるようにしたものを

わかりやすく伝える

それがセミナーじゃと思うけど

そんなのは
この世の中にごまんとあるexclamation

でもわしが目指しているのは

そういうノウハウとかじゃなくて

 

聴手の心が震え

よし!

やってやる!

っと、心を震わせて
行動に移せる

そんな一人の人を
動かせるだけの

パワーのある話を期待しているdouble exclamation

セミナーとかで
勉強することも重要なことですが

でもそれって

頭で理解しただけの人が
あまりにも多いんです

セミナーを受けたことで
勉強した気になってしまい

そこで終わってしまうバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

これは
頭が感じたことだから

でも

人を突き動かすのは
心で感じさせないといけなんですdouble exclamation

だから
心に届く内容じゃないと

誰も行動にまで移さないんです

 

じゃ、人は
どんな内容に心が動くのか

 

それは

 

心のなかにいる
醜い自分をさらけ出して

何の脚色もしない
偽りのないさまを表現すること

 

でもそれを
人前で発表しようと思えば

自分自身が
すべてをさらけ出さないけない

人間はどうしても

自分をかっこよく
強い生き物のように

見せようとしてしまうexclamation

でも本当は
人には見せれないほどの

見にくい部分があるexclamation

 

人の成功を見て

おめでとう~~

って言っているけど
心の中では

くそ!
早く失敗しろ!

そう思っているんですよ

でもそんな心の声を
みんなの前で発表したら

なんちゅう奴なんや

って世の中から
避難されてしまう

でも、これは

誰の心にもいる
もう一人の醜い自分なんです

ここをさらけ出して
喋ってくれないと

わしの作る
リボーンアワードにはならないんですdouble exclamation

そこまでの醜い自分がいながら

そこから成長して

心の底から
おめでとう!

そう言える自分になった

そのBefore⇒after

これを見せないとdouble exclamation

 

最初から

おめでとう!

と言えたんですなんて言うと

それこそ
偽善者よdouble exclamation

人間なんて
みんな醜い自分を持っている

でもそれをすべてさらけ出せて
初めて進化すると思う

だから今回の
このリボーンアワードで

誰が一番成長するかと言うと

2万円以上も払って
わざわざ広島に来てくれる

200名をこすお客様じゃなく

何を隠そう

発表をする
5名の登壇者なんです

でもそれじゃ
200名をこすお客様に
申し訳ないので

彼らの心の奥底にいる
醜い自分をさらけ出させ

そこに200名をこす皆さんの心を
投影してもらおうと思っているんです

くそ!
早く失敗しろ!

そう登壇者が
醜い自分を披露すると

それを聞いているお客さんも

わかるわ~

私も絶対にそう思うわ!

でもそんな醜い気持ちも
いろいろな経験を踏まえると

こうも変わっていくんだ

私何やってんの

いつまで醜い自分でいるの

よし!やってやる!

この人ができているのに
私にできないわけがない!

そうやって

心のなかにいる
もう一人の前向きな自分に

出会って欲しいんです!

 

この相乗効果は

登壇者の発表に

嘘偽りのない
心の奥底まで喋ってくれて
初めて可能になる

だから登壇者は
この練習期間に

追い込まれていくんですdouble exclamation

そしてわしら
サポートする

過去出場したことのある
OBの人たちは

その部分をさらけ出す難しさも知っているから
遠慮せずにはっきりと言うんです

昨日もOBのひとりの方が
口火を切った

 

リボーンは
セミナーを聞きに行く場所じゃないんです

こんな上っ面の発表なら
お金と時間を返してほしい

あなたの上から目線の
安っぽいセミナーを聴きたいわけじゃないし

これでリボーン出るんなら
逆に裕治郎さんを疑います

なんでこんな人を選んだのか?

 

ってね

でた!

リボーンアワード練習会特有の
ピリピリ張り詰めたムードdouble exclamation

 

このリボーンアワードには

西村さんのような
ほめ達は存在しません

 

しばき倒してなんぼなんです

そりゃそうでしょ

人間は誰しも
よくみられたい生き物

そんな、醜い自分を
心の奥底から

引っ張り出したくなんてないんです

でもそれを引っ張り出すには

格闘しかないんです!

登壇者と
それをサポートするOBと

本気のガチンコバトルがあるから
本物が出てくるんです!

そんなリボーンアワードですが

明日が申し込みの締切です

第8回 リボーンアワード2019開幕

d95a3bfddbf6938bdaeb97d528771c88

今年のテーマは

抗う=あらがう=AraGau

どんな逆境に立たされようと
もがき苦しみ立ち向かっている

そんな5名の勇者を選出しました

毎年は発表者は
約2ヶ月間練習を重ね

嘘偽りのない
全てをさらけ出した
プレゼンをしてくれます

そんな本気なプレゼンを聞いて
心震えないわけ無いでしょ!

死にものぐるいで頑張っているさまは
涙なしでは聞けません絵文字-矢印3

0536

0534

そしてこのリボーンアワードは
うちの会社が総力を挙げて

この1年間か関わってくれた
全ての皆様に恩返しのつもりでやっているので

毎年100万近い赤字を出しながら
取り組んでいるイベントです!

0824

0165

なので、当日参加していただいた方には

心を満たすプレゼントを
持って帰っていただきますが

実際には豪華景品なども
多数取り揃えておりますので

心にも
両手にも

一杯お土産を持って
帰っていただきます

そんなリボーンアワード
一斉申し込みをスタートします

まだこのリボーンアワードが
どんなものかもわからない人は

こちらをどうぞ

今年の予告編となっております絵文字-矢印3

そしてこのリボーンアワードは

オープニング映像のクオリティーが高いと
毎年好評をいただいております

約10分ありますが

ついついのめりこんでしまう
映像になっているので

昨年のオープニング映像

そちらもご覧ください絵文字-矢印3絵文字-矢印3

そんな

出場する5名の
プレゼンテーターも

主催する弊社タイアンドギーも

1年に一回
かなり本気で取り組んでいるイベントです

ぜひお越しください

必ず手ぶらでは返しませんので

詳細とお申し込みはコチラ絵文字-矢印3絵文字-矢印3

d95a3bfddbf6938bdaeb97d528771c88

リボーンアワード2019「AraGau(抗う)」
リボーンアワード2019が12月6日に開催決定!今年のテーマは「AraGau(抗う)」どんなに困難な状況であっても、みんなに無理だと言われても、自分を 信じて切り開らこうとする様、それは運命の呪縛にでも逆らっていく様のことを表しています。

 

 

 

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も10年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎