ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

アップグレード経営道場

お客様からアンケートをもらうという間違った手法

vol.4138


アップグレード経営道場も
中盤に入ってきて

ビジネスモデルをつくるところにさしかかってきた絵文字-矢印3

04abd85c7dcb9239a192612c023a6003

 

ただ、このビジネスモデルを作るという勉強は
彼らにとっては

相当苦痛じゃったみたい絵文字-矢印3

1566304513779.jpg

普段考えない事を
何時間も何時間も考えないといけないバッド (下向き矢印)

体に汗を書いて
何時間も仕事をするよりも

頭に汗を書いて仕事するほうが

5倍疲れるというくらいじゃけぇね絵文字-顔 (9)

最後の帰り道
みんなの口数が少なかった・・・バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

でも、なんで

ここまで脳が疲れたのかと言うと

ひとえに

彼らの情報不足!

少ない情報から
色々と考えんといけんのんじゃけ

そりゃ疲れるわな・・・

わしはいつも
新しい仕組みを考える時に

いつもこの4つのサイクルを
グルグル回している

それは

①リサーチ

②妄想

③仮説

④テストマーケティング

この4つのポイントを
何回も何回も
グルグル回して考えている

その中でも
一番重要なのは

リサーチ

これが出来てないと
何も始まらない

これは料理と一緒で

どんなにいい料理の発想があっても
それを可能にする食材がないと

その料理は
机上の空論にしか過ぎないバッド (下向き矢印)

だからリサーチが一番

でも意外にも
このリサーチが出来てない人が多い

リサーチが出来ていないから

自分よがりな
ビジネスモデルになってしまう

自分よがりのビジネスモデルとは

お客様の気持を無視した
自分よがりなモデルのこと

たとえば

あなたが子供も生まれて
今まで乗っていた2シーターの車から

ベビーチェアも乗せれる
ワンボックスの車を買おうとなった時に

車を販売している
車屋サイドから考えると

車の性能をうまく伝える
伝え方を考えるけど

買う側の最終的ジャッジは

車の性能とかじゃなく
その車屋の担当した営業マンの

人柄だったりする

ようは

車を買う側の一般消費者は
色々なディーラーを回って
同じクラスの車を見て回るが

どのメーカーも
そこまで雲泥の差はない

今はどのメーカーも
いい車を作っている

だから車の性能で決めるのは
逆に素人目線からでは

何が良くて
何が悪いのかが

良くわかってないdouble exclamation

でも、人一倍よく分かるのは

担当営業マンの良し悪し

この担当者からは
絶対に物を買いたくない

そう思われてしまうと

せっかくのいい車も
買われることはなくなるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

それが一般消費者の気持ちなのに

それを社内の会議室の中だけで
販売会議をしとっても

こういうところに
目がいかなくなるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

事件は会議室で起こっているんじゃなく
現場で起こっているんです!

o0509035213731833650

あれですよ

あれ絵文字-気持ち (19)

 

だからまずは

リサーチ

でもこのリサーチって

お客様アンケートを取れば
出来ると思っているけど

お客様アンケートなんかやっても

わざわざ本音を書いてくれるほど甘くないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

甘くないから
なにか餌を付けて取ろうとするけど

それをやってしまうと

今度は、お客もその餌欲しさに
忖度する良い意見しか書かなくなる絵文字-顔 (7)

それじゃ、本末転倒

 

リサーチとは

いかにリアルな意見を聞き出すか

これしかない

それには
紙を渡して書いてもらうんじゃなく

とことん
直接ヒヤリングする

これしかない

しかもお店に来る直接のお客さんじゃなく

自分の友だち夫婦とかに
飯を食いながらとか

雑談の中で色々と聞いてみるdouble exclamation

するとそこには
なんの利害関係もないから

出るわ出るわ・・・

特に奥さんの
女性目線の不平不満が絵文字-気持ち (21)

だから

わしがおすすめする
アンケートのとり方は

これが一番じゃねdouble exclamation

対象とするお客さん像と
同じような人たちを

知り合いの中から見つけて

その利害関係の全くない人たちから
色々と聞かせてもらう

これが一番本音が出るよ

さぁ~みんなも

リサーチ・リサーチリサーチ

 

そして今日は
広島市産業振興センターさまからの依頼で絵文字-矢印3

02d51fa5616ff453b9fbbc5783497579

今日書いたビジネスモデルの
触り部分の話をしてきますdouble exclamation

この広島市産業振興センターさんからの依頼は
今年で3回目

1回目は2017年の8月絵文字-矢印3

DSC_6046

この時はブログの話の触りをした

そこで話を聞いて
本気で学びたいと
うちの塾に入ってきた人も多くいた

 

2回目は2018年8月絵文字-矢印3

20180807_131216 P8070015

理想客について話をした

 

そして今年が第3回目

産業振興センター的に
わしが呼びやすいのか

お客様からの評判がいいのか

そりゃよく分からんけど

今回で3回目です

定員30名のところ
かなりオーバーしているみたいじゃけど

どうせドタキャンとかもあると思うので

ならば

ドタ参加もありでしょう(きっと)

お時間があれば
来てみてください

13:30~16:30までの3時間ね

詳細とお申込みはコチラ絵文字-矢印3絵文字-矢印3

https://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/post-68.html

 

 

ほんじゃまた

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も10年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎