講演会その他

コロナ禍でも講演に呼ばれる本当の意味とは?

vol.4654


こんなコロナ禍で
人が集まれないと言われている中で

今年に入って
講演会の依頼がめちゃくちゃ入る

それはなぜなんだろう

みんな講演会の依頼とか
バンバンに減っているという中で・・・

今日はそのあたりを書いてみました!

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年2月10日号
行ってみよう!

今年に入って

講演会の依頼が多いdouble exclamation

まだ日程も決まってないのも入れると
あと、4件くらい入っている

いままでも
依頼があれば受けていたけど

今年に入って
えらく問い合わせが入っている

で、全ての依頼者に

なんで板坂裕治郎なのか?

そこを聞いてみると

全員が全員

このコロナ禍で
みんな大きく痛んでいる

でも、それを
コロナを理由にするんじゃなく
前を向いていこう!

そんな喝を入れて欲しい

という

 

何でもいいから
ガツンと喝を入れて欲しい!

そういう依頼

わし以外にも
ガツンと言ってくれる人は
もっといるだろうに

そうやって聞くと

いや~
他の偉い人は

どこか頼りないんですよバッド (下向き矢印)

良い内容のお話はされるけど
ガツンと心をわしづかみにされないんです

っと言ってくれた

でもその依頼者
わしの講演会なんか
聞いた事ないんですよ

わしの存在は知っているから
わしがいつもどんな話をしているかも
それは知っているけど

実際にわしの講演は
聞いた事がない

ただ、ブログは読んでくれている

わしがブログで書いているのは

わしの中で感じた事
思った事を

だれにも忖度せずに

ダメなものダメじゃ!

ってハッキリと書いているので

そこを見て

この人はウソをつかないだろう!

そう思ってくれたに違いないdouble exclamation

 

これは昨日テレビで

あの『えんとつ町のプペル』の
映画が大ヒットしている

キングコングの西野さんが

これからは信用がお金になる!

そう言っていた

それは彼の本にも書いてある

信用貯金と同じ内容

スポンサーに遠慮して
番組プロデューサーに
コメントまで用意されて

それを自分の意見でもないのに
そのまま発信している

偽りタレントは終わるdouble exclamation

みたいな話じゃった

 

わしはこの
西野さんの話を聞いて

今のスタンスにしたわけじゃなく

わしも自分の意見を曲げてまで
生きていこうなんて思ってないだけdouble exclamation

じゃけ、初めて会った人でも

こりゃダメじゃ!
って思った人には

ダメじゃねって言ってしまう

それはただ単純に

裏で陰口のように言いたくないから

その場じゃ
笑顔で話を取り繕って

その人がいなくなった後から

あれ、ダメじゃね

って言うのが
スゴく嫌なんよdouble exclamation

あれ、ダメじゃね

って思ったんなら
本人に向かっていってやった方が良いし

陰で悪口言いたくないからdouble exclamation

だから

どんな人の心にも
土足で上がっていく人

って言われる事があるけど

わしは確かに
土足で上がっていくけど

出るときは
ちゃんと雑巾がけもして出て行くんよ

ちゃんとスリッパに履き替えて上がるけど
ポロポロごみ落としていく奴より

全然ええと思うけどね

 

なので、みんな

わしにハッキリと
ダメなものダメ!

って一刀両断してもらいたんじゃろ

 

だからといって

主催者がもっと過激にやって下さい!

なんてリクエストしてきても
わしがやりたいようにしかやらないdouble exclamation

だから必要以上に
オーバーに喝を入れる事もないし

そう

わしのやりたいように
言いたいようにやらしてくれるのなら

やりますdouble exclamation

というスタンスじゃけ

それをみんな納得して
依頼してくれるんじゃと思う

そして

その講演会に参加してくれた人達が
講演会後に主催者に色々と話をしてくれるそうです!

まじで心にスイッチが入った!

とか

今日は本当に来て良かった!

とか

先日の横浜での講演会後には
こんなアンケートもあった

期待以上、熱く語って下さる熱量の多さ
難しい言葉を使わない例えが
とてもわかりやすかったです。今までやってきた仕事を見直して、人生変えていきたい。
強く感じました。

ブログは毎日書いて3年になりますが、
一人称で書いていたので、角度をかえて書いていきます。 
3/30の講座に参加します。

ワクワク、楽しみながら過ごして行きたい。
第一印象でそれ感じられなかったよ
と裕治郎さんに言われたこと、
刺さりました。

第4章の人生かえていきたいです。

ありがとうございました。

 

っと、こんなアンケートまでもらえる!

うちの会社の理念がこれだから

ハッキリと
モノは言わせてもらうdouble exclamation

でもそこには

嘘偽りはないから!

 

よし!

明日は神戸同友会で
こんな講演会ですが

強い喝を入れてこようと思います

さっき連絡が入ったけど
こんなコロナ禍なのに

オンラインとリアルを合わせて
あと7人で100名に達するみたいです!

燃えてきたよ~~~~

と言っても

まだレジュメもこの時点で
出来てないんじゃけどね

 

日時:2月11日(祝・木) 18:00受付 18:30~21:00

料金:同友会会員 無料・会員以外2000円

会場:Zoomにて

参加申込み:https://forms.gle/1dCsBUGcwi3bGmni9

きっとまだ間に合うと思うので
今すぐ申し込んでみてね

 

 

明日の報告はまたね

 

ほんじゃまた

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎