儲かっていない経営者の共通項

女性経営者は『母性本能』が自分を苦しめるようになる!

vol.4761


多くの女性の経営者が

わしの個別コンサルを
受けに来られるが

往々にして、この

母性本能

が、足を引っ張っている

コレが悪い訳じゃないが

知らず知らずのうちに
この母性本能が

自分の首を絞める事になっている

今日は女性経営者は
読んで欲しい内容になっています

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年1月16日号
行ってみよう!

 

やっぱり女性の経営者は

母性が強い

コレを再確認した

 

先日、相談に来られた
女性経営者さんは

本当に目の前のお客様に
良くなってもらいたいという想いで

会社を立ち上げて

そこに一生懸命に
邁進していたdouble exclamation

ビジネスというのは

なんでその仕事をやっているのかという

熱い想いが大切!

これはこのブログでも
腐るほど伝えてきている

それはなぜかというと

熱い想いが見える化になって
世の中に発信される事によって

そのメッセージをキャッチした人が
そのメッセージに共感して

よし!それなら
協力してあげようdouble exclamation

そうなって

色々なお客様を紹介してくれた入り

ビジネスパートナーを紹介してくれたりと

自分1人では
考えつかなかったような

アイデアや人脈が
繋がっていくモノ

そうやって進化していくんじゃけど

彼女もご多分に漏れず

熱い想いを
わしの元でNJE理論ブログを学び

世の中に発信していた

すると色々な方が
協力者となって

ビジネスが進化していったグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

っと、ここまで見ると
ひとつの成功事例のように見えるが

ここからが

女性特有の
母性本能が邪魔をしてくる

彼女を始め

思いの強い女性経営者は

目の前のお客様を
幸せにする事しか考えてないから

お客様にとって
良いものだともうと

すべて取り入れてしまう

ただ、社長は1人しかいない

それだけ取りそろえた
商品やサービスも

社長の手は2本しかない

でも入れた以上
それを回わさんといけんくなってくる

寝る時間も惜しんで
1人動きまくってやるようになるあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

 

でも、決算時に気がつく

 

あんなにバタバタ
がむしゃらに働きまくっとるのに

なんで、儲けが出てないの・・・

しかも女性特有の
数字に弱いという部分が

こういう時に露呈されてしまう

 

目の前のお客さんのためにと
色々とやっているのに

フタを開けたら儲かってないから
ドンドンとお金に追われるようになってしまうバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

そうやって
お金に追われるようになると

一番苦手な
数字に追われるようになる

そして大好きだった
目の前のお客様を幸せにする動きにも

支障が出てき始めるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そうやって

ドンドンと
仕事が義務的になってくる

そして
お金を作る為の仕事になってきて

最終最後には

あんなに好きだった仕事が

心の底から嫌いになり

その仕事も見たくもなくなってしまう・・・

まじで

こういう女性経営者を
めちゃくちゃ見てきた!

 

なので

先日相談に来られた
女性経営者の方を
ヒヤリングしていると

まだ最悪な状態までは
全然行ってなかったんじゃけど

このまま1~2年やっていると
確実に最悪な状態になるのが見えたので

彼女に1~2年後の
未来像はこうなると

断言してあげたdouble exclamation

その予言を聞いて

彼女は何も言えない状態だった

 

全てが図星だったから

だから、まずは

交通整理をしなさい

本当にアナタがやらなければいけない事と
そうじゃないモノを見極めて

整理しなさいdouble exclamation

そう伝えると

彼女の顔に
血色が戻ってきた

 

わしの所に来た
一時間前は

顔面蒼白で
顔に覇気がなかったけど

そこに気がつけた彼女は

すぐに交通整理をしてみます!!

っと、ささくさと帰って行った走る人

 

良かった良かった!

好きで始めた仕事
嫌いにならんで良かったね!

 

でもこれは
女性経営者には多い現象

男性経営者は

儲かるか?儲からないか?

この判断基準で
仕事を増やしていくけど

女性経営者は

お客様のためになるか?
ならないか?

これで
仕事を増やしていく

そしてその増えた仕事に
振り回されるようになって

自分を見失うようになる

そして最後は
その仕事自体が嫌いになる

 

こうならないためにも

自然と増えてしまった
アイテムを整理する

コレを出来るうちにやっておかないと

最終最後は

好きだったその仕事が
見るのも嫌になるくらい

嫌いになってしまうよ

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎