この先が不安でしょうがない

時短営業でも閉めるよりもやった方が良い理由!

vol.4652


広島では2月21日(日)

大都市では3月7日(日)

ここまでは
自粛要請が出ているけど

ここまで
完全に閉めてしまうんじゃなく

そろそろ時短でも良いから
店を開けた方が良い!

今日はその理由について語ってみた

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年2月8日(月)号
行ってみよう!

 

広島では

2月7日(日)昨日まで時短要請で

本当だったら
今日から通常営業に戻る

そんなはずじゃったけど

やっぱり

伸びる事が確定となったけど

その延びる日程が
なんとも中途半端なんよね

2週間延びて

2月7日 ⇒ 2月21日

どうせなら
2月28日(日)まで伸ばして

気持ち新たに
3月1日(月)からスタート

っていうのが
良かったんじゃ無いんかね

もし、感染者数が
思ったよりも下がらなくて

2月21日だったモノを
もう1週間伸ばそうなんて言ったら

っそりゃもう
あきれられるよ

 

そして出された条件が
下記の通りなんじゃけど

営業時間は1時間延長されたけど

8時閉店が9時なっただけで
そんなに大差ないと思う

でも、時短要請に
協力した協力金は

今までの金額よりも
ガクッと下がったバッド (下向き矢印)

そうなると
意欲のあるオーナーさん達は

そんなはした金もらうよりも
店開けてバリバリやった方がええわdouble exclamation

そうなるでしょうね

 

実際に、先週は

8日からお店を開けます!

っていうのが

タイムラインに続々と
アップされてきている

でも、時短要請に
あくまでも協力するという形で

9時までの営業ですけど
営業を再開させます!

そんなコメントが
上がってきていた

 

わしが思うには

期間中の時短に応じた場合は

1店あたり28万円
休業した場合は38万円

これを支給するとなったけど

たかだか10万円なら

絶対に店をやった方がええ!

なぜならば・・・

 

本当に2月22日(月)から
通常営業に戻ったとしたら

その時にいきなり
本営業になったら

マジで体が付いていかんよ!

 

わしもやっとったけ
よ~分かるけど

飲食店なんて
決して割に合った仕事じゃない

毎日毎日

仕込みから店に来て
通常営業をして
後片付けをして帰る

しかもその間
ずっと立ち仕事で

そんな日々を
ほぼ休みなく働いている

長期休暇があったとして
正月と盆くらいに

3日くらい休むだけでしょ

それが今回は
1ヶ月以上のロングバケーション

久しぶりのこの写真を見たけど

やっぱり山口智子かわゆい~~~~~ハートたち (複数ハート)ハートたち (複数ハート)ハートたち (複数ハート)

この時の山口智子
あのサバサバした感じもよくて

超絶かわゆい~~~~~ハートたち (複数ハート)ハートたち (複数ハート)ハートたち (複数ハート)ハートたち (複数ハート)

ありゃ

話が私物化してしまった・・・

 

飲食店オーナーが
店を閉める以外で

1ヶ月以上も店を閉めるなんて
絶対にないから

アイドリング期間を設けんと

絶対に身体が付いていかん

いや

身体が付いていかんと言うより

本人の気持ちが付いていかんよ!

今日2月8日(月)から
時短要請が開けるであろう
2月21日(日)までは

9時までしか営業できんけど

とりあえず仕込みをして
とりあえず店にたってみて
とりあえず身体を慣らす

店を開けて儲けるよりは

その為に
この2週間を使った方がええよdouble exclamation

しかも少ないけども
時短要請に応じれば

28万はもらえるんじゃけdouble exclamation

 

売上を上げると言うよりは

身体を慣らす

という時間に使った方が良い

 

これだけ休んでしまうと
人間の身体は正直じゃけ

気持ちが乗っていないと
身体なんて動かないから!

それだけ

ビジネス=エンターテインメント

※エンターテインメントとは

人々を楽しませる娯楽

 

その人を楽しませんといけん張本人が
イヤイヤ仕事してたら

そこに集まるお客さんを
楽しませる事なんて出来ないdouble exclamation

だから

この自粛期間中に
色々とこの先のことも考えたオーナーさんは

この先

続けるかどうかは

今の仕事が
ワクワクドキドキ出来るか

そこで判断した方が良いよdouble exclamation

 

ビジネス=エンターテインメント

やってる本人が
ワクワクドキドキしないと

みんなが不幸せになるからね!

 

じゃけ

2月21日(日)までの2週間やってみて
気持ちが入らんようなら

思い切って閉めてみる!

それも全然ありよdouble exclamation

 

ということで

本日2月8日(月)
わしの53歳の最後の今日

新生TAI&GEEの
全員を集めての全体会議じゃった

今日から入る
新人スタッフも入れて

うちの3人のコンサルタントも入れて
(1名ほど参加できなかったけど)

新たなチームとして
これからのTAI&GEEを話し合った

たったの3人で
ずっとやって来たチームが

コンサルも入れると
11名のチームになった

さぁ~~やるよ

この目的目標が
最短で達成できるような

そんなチームを作って
みんなを

誰からも憧れられる異端児にするけぇね!

 

ほんじゃまた

 

 

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

この記事へのコメント

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎