しゃべりの技術

営業マンが悪いんじゃなく相手が必要としてないだけ!

vol.4758


とにかく訪問数を増やせ!

営業マンの新人さんが
ずっと言われ続けてきたセリフ

もうこんなコロナ禍になると
こんな事も出来なくなる

そんな中でも
営業成績を上げないといけない

そんな数字の上がらない営業マンさん

アナタが悪いんじゃなく
相手が興味がないだけですからね!

今日は営業の極意について!

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年5月25日(火)号
行ってみよう!

 

最近ここのCMを
よく目にする

 

今更ダンボール??

確かに今は
ステイホームになって

メルカリなどの
個人出品が多くなっているから

それを配送するための
ダンボールとか必要かもしれんけど

これだけのCMを流して
採算は合うんじゃろうか??

って

人の懐を気にしてみるんじゃけど

そこは

個人ユースじゃなく
会社単位での注文を取ってこないと

割に合わないdouble exclamation

じゃ、会社単位での受注って
どんなタイミングで取るんじゃろうか

 

仮に

今流行の

事業再構築補助金を使って

今までやっていなかった
ネットショッピングを始めたとしよう

すると確実に
ダンボールは必要になるexclamation

だから事業主も
格安なダンボールはないかと
探すと思うから

そんな時は
これだけCMが流れている

この会社には
一度は問い合わせをするだろう

 

じゃ、もうすでに

ダンボールを使っている会社は
どうじゃろうか?

 

今のダンボール業者を使って
何か大きな問題が
発生しているのなら

業者変更も考えんでもない

でも

そんな事も起きてなかったら

 

まずもって
ダンボールに意識が行ってない

意識が行ってないと言うことは

どんなにCMが流れても
そのCMすら目に入ってないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

人間の脳ってそんなもんなんよ

脳からの指令で

○○を探せ!

という指令がない限り

どんなに目で見ようが
耳で聞こうが

意識が止まることはないdouble exclamation

 

みんなもそうじゃろ

新しい車を買おうと思って
車種まで決まったら

街中を走っているその車が

やたらと目に入るでしょ

 

そしてこう思うんです

dummy

ええええええええ

この車って
意外といっぱいの人が乗っとるの

みんなと同じはイヤじゃけ
やめようなの~~

でもその車は
ここ最近よく走り始めたんじゃなく

チョッと前から
今と同じくらい走ってたんだけど

そこに意識が行ってないから
気がつかなかっただけなんですdouble exclamation

 

それと同じように

ダンボールで困っていない限り
そこに意識が行かないんです

しかも
ダンボールを使っている会社って

もうすでに
ダンボールを調達する会社も
決まっていると思う

ということは

このダンボールワンという会社が

なにをCMで流さんといけんかというと・・・

 

この会社が取り扱っている
このダンボールが

どのように良くて

他社と比べてどれくらい安くて

どれくらいサービスも充実している

という

効果効能を
全面的にアピールしても

気になってないから
目も止めないんです

 

だから、まず必要なのは

振り向いてもらうこと

ダンボールというアイテムに
ちょっと目を向けてもらうこと

コレが出来れば

あとは、価格で勝負できるdouble exclamation

わしはダンボール屋さんじゃないけ
ココの会社が安いのかどうなのか

そこは分からないけど

これだけCM流しとるんじゃけ
きっと安いんだろう

しかも、全国で流通している
ダンボールの金額で言えば

ネットから

国内段ボール生産量推移と予測

というのをダウンロードして見たけど

単位もよく分からなかったので
結果、よく分からんかったけど

右肩上がりなのだけは分かる

 

その右肩上がりの全国で流通しとる
ダンボールの数%が取れるだけでも

そりゃ、スゴい数字になると思うわdouble exclamation

 

これは印刷業界で
もう実証されている

印刷業界に
ネットプリントを根付かせた

プリントパックや
ラクスルという会社を見ていると

どれだけ儲かっているのかがわかるdouble exclamation

 

だからこの会社も

まずは

会社の決定権者に
ダンボールに目を向けてもらう

コレが出来ないと

いつまでたっても
切り替わることはないよdouble exclamation

そう思ってみていたら

最近こんなCMが
上がるようになってきた

 

ずっと同じダンボール会社を
使い続けるのか

というCM

 

そうね

まずは

ダンボールに品質や価格の前に

今のままで良いのですか?

今の状態に
慣れすぎてはいませんか?

今のまま
既存のダンボール会社を使っていたら

将来的にこんなに
損をすることになりますよ!

ここをチョッとでも気にしてもらって
目を向けてもらえれば

この会社に商機はある

 

これはわしらの商売でも同じ事で

どんなに
良い商品やサービスを持っていても

そこに不満がない人は
今のままでいい訳で

わざわざ新しい商品やサービスは
いらないんです!

そう考えたら

今の営業トークは
間違ってないですか??

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎