理念経営をすると売上が上がる!

ホリエモンも言っている!『熱意』が大切じゃと!

vol.4765


人よりも良くなりたい

みんなそう思って生きている

でもそれが
命取りになるんよね

常に自分が主語になっている人に
誰も近づかんし見向きもしなくなる

じゃ、どうすれば良いのか

ホリエモン先生から
レクチャーしてもらいましょう!

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年6月1日(火)号
行ってみよう!

今日は何書こうかな~~

朝7:30くらいから
パソコンの前でスタンバイして

よし書き始めよう!

そう思っても
最初の一言目が出てこないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

やばい!

これは沼状態にはまる
現象の始まりじゃ

こうなったら

ネットサーフィンが始まり

あれやこれや
色々眺めるけど

何も下りてこない

こういう時は
長期戦になるんよね・・・

 

これって

わしの元で
NJE理論でブログ書いている人なら

絶対に分かる話じゃと思うdouble exclamation

 

ただ

わしがこういう事を書くと
みんな不思議がるじゃろう

えええええええ~~~~!!!

裕治郞さんでも
そんな事があるの??

って・・・

 

みんなわしが
13年以上も毎日書いているから

そんな事にはならず
いつもサクサク書いていると

思っているんだろうけど

ハッキリ言うときますdouble exclamation

 

何年書いても
サクサク書けるなんて
ありませんから!

書きたい事が下りてこない時は
いつまで断っても

下りてこないんです!

 

そんな時に
救世主が下りてきた

それは

プレジデントオンライン

そこに

こんな記事が上がっていた

ホリエモンが
寄稿しているコラムなのかな

そこに書かれていた
一文に目がとまった

それは

時間の消費量は
成功とは関係がない!

これね

これは

ランチェスター経営の
竹田先生の教えで言えば

一般社員の年間労働時間は1880時間です。

社長は社員1880時間の
√2倍以上働きなさいというわけで

一覧にすると下記のようになります。

1880時間の√2倍(1.4倍)≒2650時間
1880時間の√3倍(1.7倍)≒3200時間(必勝の3200時間)
1880時間の√4倍(2.0倍)≒3700時間(圧勝の3700時間)
1880時間の√5倍(2.2倍)≒4140時間(決死の4140時間)
1880時間の√6倍(2.4倍)≒4530時間(超人の4530時間)

 

とあるように

人よりも良くなりたいのなら
人の2倍3倍は働きなさい!

ということを
真っ向から否定しているdouble exclamation

 

さすが!

異端児は言う事が違うね!

そう思って中味を読んでみると

 

 

ビジネスの成功者は
強靱な没頭力の持ち主ばかりだ。

京セラやKDDI創業者の稲盛和夫さんも、例に挙げたい。

彼は成功する人生の方程式として
「考え方×熱意×能力」という図式を提唱している。

この掛け合わせで生まれる没頭力が
稲盛さんの経営理論を支えているのだろう。

(中略)

方程式の3つの構成要素の中で
僕は特に「熱意」に注目したい。

(中略)

「成功させようとする意志や熱意
そして情熱が強ければ強いほど
成功への確率は高いのです。

強い思い、情熱とは

寝ても覚めても、二十四時間
そのことを考えている状態です」

(中略)

あいつは付き合い悪いねとか
変わり者だねと揶揄されるぐらいに

徹底的に没頭することが重要だ。

周囲との関係を断ち
雑音をスルーできる

「狂気に満ちた集中」を
発揮することによって

その人は頭ひとつ
抜きんでることができるのだ。

 

っと書かれていた

 

確かに!

その仕事をする理由と

その仕事をやり遂げる理由

これが成功への切符じゃと
わしも思っている

その仕事をする理由も
それをやり遂げる理由が

タダの金儲けだと

その途中に
ほかの美味しそうな金儲け話があったら

絶対にそっちになびくんよdouble exclamation

そりゃ、そうよね

その人は
その途中経過よりも

金を儲けるためということが
目的になっとるんじゃけ

 

やっぱりココでいう

熱意!

これがないところに

共感する人も
協力してくれる人も

集まっては来ないから!

ビジネスは1人でやるもんじゃないんです!

 

だから

なんでこの仕事を
やらないといけないのかという

熱意=熱い想い

これを明確にして

そこにプラスして

ランチェスターの教えの
人の2倍3倍働いたら

成功せん訳がないよね!!

 

という事で

わしは熱い想いを持って

今日も朝7時半から

今現在が
夜の22:30

めちゃくちゃ働いとるじゃん

 

今日は

今月の6月23日(水)に行われる

ビジネスブログアスリート協会
通称:BBAの

年に1回のサミットですdouble exclamation

本当は北海道小樽に
メンバーみんな集結して

小樽サミットとして
開催する予定だったけど

このコロナのおかげで

オンラインになってしまいましたが

そこで発表する
3名のプレゼンターの

練習特訓の日で
今いま終わりました

こんな

みんなの前で発表するのに
適当なプレゼンは許されんのんで

こうやって
何度も何度も特訓をしていますdouble exclamation

そんな

小樽サミット

ぜひ今すぐお申し込み下さい!

マジで面白いメンバーが
プレゼンしてくれますので!

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

この記事へのコメント

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎