異端児エリート養成大学校

オンラインに適しているセミナーと適していないセミナーの違い!

vol.4787


もうこれだけ
コロナ禍が続くと

1回や2回は
オンラインでのセミナーを
受けたことがあるとは思うけど

皆さんはどう感じていますか

このオンラインセミナー

どれくらい実になっていますか?

気楽に受けれる
オンラインセミナーには

気楽な分
実になる度合いも

お気楽な気がしますよね

きょうはそんな
オンラインセミナーに

適しているセミナーと
適していないセミナーについて

語ってみました

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年6月23日(水)号
行ってみよう!

 

 

異端児エリート養成大学校2年生2期生が

何とか無事終了した

今回は完璧に
コロナ真っ最中の中の
スタートだったため

全員を1カ所に集めるというのが
難しかった

今回の参加メンバーは

北海道、石川、東京、での
ブログセミナーの方が対象だったので

みんな遠方からの参加となったので

この2期生は
Zoomでのスタートとなった

ただ、この
異端児エリート養成大学校の
カリキュラムは

1回の講義が
丸々二日間ある

それが全部で
5回もあるという

半年間に及ぶ講義なので

2日間まるまるを
パソコンの前で

ジッと勉強してもらう

これには
なかなかフラストレーションが
たまるモノじゃったバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

この異端児エリート養成大学校は

とにかく

自分の中にある答えを
導き出すという作業ばかり

ようは

答えは社長自身が
自分の中に持っているんだけど

色々な邪念で
その答えをまとってしまっているので

自分でも気がつかないようになっているバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

色々な邪念というのは

支払いに追われて
お金の奴隷になっていたり

売上を作ることにばかり目がイッテ
何のためにやっているのかという

あり方よりも
やり方に目が行ってしまっている

そして最後は

周りの目!

自分が突き抜けてしまうと
周りから色々と言われる

その恐怖心

 

そんな色々な思いが足かせとなって
自分の成長を止めてしまっている

 

だから

本当は社長自身で
どうなっていきたいのかという

答えは持っているけど

それを自分でも分からないところに
しまい込んでしまって

忘れているだけ

 

じゃけ、わしの仕事は

そのどこに置き忘れた分からない
大切なモノを

探し当てるために
色々なお題を出すことdouble exclamation

だから彼らは

わしから出されたお題に対して
普段考えもしないような事を考え

答えを探していくんです

ただ、この作業がきついんですバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

普段使わない
脳の回路をフル回転させるから

身体に汗をかく5倍以上
疲れるんですよねあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

 

そしてそこで導き出した
とりあえずの答えを

今度は赤の他人に
話をしていく訳じゃけど

この

赤の他人に話す

という作業が
めちゃくちゃ大切なんです

自分でもよく分かっていない
とりあえずの答えを

自分の事なんて
良く知らない赤の他人に
話をする訳でしょ

相当な言語化能力がない限り
相手には伝わりませんdouble exclamation

 

だから一生懸命に
自分の頭で言葉のチョイスをしながら

相手に伝わるように
話をするんです

そしてそれを聞いた
周りの人達が

それを評価するんです!

ココで重要なポイントは

人間とは

 

自分のことは
何一つ分かってないのに

人のこととなると
偉大な評論家になれる!

この能力は
いつもすごいなと感心するけど

自分のことも
それくらい評論しろよ!

そう思うくらい
人のことなら

的確なアドバイスを送っているdouble exclamation

 

こうやって

この異端児エリート養成大学校は

自分で考えて
第三者に評論してもらう

この繰り返しなんです

だから

今回の2期生のメンバーは
いたしかたなくZoom開催になったけど

やっぱり

異端児エリート養成大学校は
オンラインには向いていない!

なので最後の最後は

強行突破して2日間
リアルに集まってもらったけど

やっぱり
リアルにして良かった

 

オンラインセミナーというのは

2時間くらいで
商品の説明をしたり

一方的にモノを教える
単発セミナーとかにしか

向いていないdouble exclamation

時間をかけて
自分の概念も変えるような

ガッツリとした
セミナーとかには

向いてないことが分かった

 

ただ、こんなご時世で
向いてないからやりませんじゃ

時代遅れになっていくので
これからも試行錯誤していくんじゃけど

やっぱり

自分の足を使って
電車や飛行機に乗って移動して

普段の景色じゃない場所に
身を置くという非日常

これが神経を尖らせるのは
間違いないですね!

 

わかった!

やっぱりこの

移動するという行為が
神経を尖らせるんで

みんな広島まで来てもらって
それぞれのホテルに入ってもらって

そこでオンラインでつなぐdouble exclamation

これなら

リアルの良さと
オンラインの良さ

両方ミックスできるんじゃないか

 

そして最後の懇親会だけ
リアルに集まって開催する

どうじゃろうか

 

そして今日は

NJE理論ブログを書いている人だけで組織する
一般社団法人ビジネスブログアスリート協会の

年に1度のイベント

BBAサミット

これが開催されます

@小樽が付いているように

本来ならば
今日は小樽に全員集合

のはずが・・・

なので、このサミットも

初のオンライン開催です

どこまで盛上り見せることが出来るか
ワクワクもあり不安もありますが

機材エラーが出ない限り
何とかなるでしょう!

その模様は
またこのブログでお知らせしますね

じゃ、もう少しで
リハーサルが始まるので

今日はこの辺で

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎