この先が不安でしょうがない

妥協していい事になった試しはない!

vol.4790


わしの好きな言葉に

神は細部に宿る

というのがあって

その言葉は
社内の共通言語にもなっている

それくらい
うちの会社では

全員に意識してもらっている

ただ、どうしても

時間がなくなったり
お金がなくなってくると

ココを無視してしまうようになる

そして無視した部分を
最終最後に後悔することになる

そうならないためのお話しです

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年6月26日(土)号
行ってみよう!

 

 

先日、わしの知り合いが

スポットコンサルを受けに
事務所にやって来た

 

彼は飲食関係の人で

そろそろ自分の城を持とうと

コロナの影響もあり

昨年、働いていたところをやめ
独立の準備を進めていた

 

独立とは

思い描いていたことと
現実に起こることには

大きなギャップが生じるものdouble exclamation

なかなか思ったように事が運ばない

そして気がつけば
月日だけが進んでいるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

独立に対して
夢を描いていたときには

あーして
こーして

っと、大きな夢を描いていたけど

ドンドンと月日が流れ
焦りが出始めてくる

 

家族からの

いつまで無職でいるの

という

見えないプレッシャーと戦いながら・・・

 

そんな時
不動産屋から物件の話が舞い込む

自分が思い描いた場所とは
大きくかけ離れるけど

理想を追い続けても
それに近い物もない

だから多少の妥協もして
この場所にしよう・・・

っと、納得していない自分を

色々な理由をつけて
納得しようとしているexclamation

そして、場所を決めたら

その場所に合った戦略を立て始めていた

その場所はオフィス街だから
オフィスで働く人達をターゲットにしよう

でも、女性客は
クーポン雑誌とか持って
あちこちと浮気をするから

男性客にターゲットを絞ろう

こんな感じで

自分でもあんまり納得していない場所を
渋々納得するように決めて

すべての戦略が
この場所から始まっている

 

そこでわしのところに来て

内装の図面を持って来たんですが
アドバイスをもらっても良いですか

メニュー構成はこんな感じです

っと、相談に来た

 

でも、わしには見えていた

彼が、その場所で

本当に納得していないことを

 

ただ、そろそろ
何とかしないといけないexclamation

これ以上家族には迷惑もかけれないexclamation

そんな気持ちで
焦っているのは見てすぐに分かった

dummy

はっきり言ってやる!

今のこの数ヶ月の辛抱より

実際に店を出して
その後どうにもならなかったときの方が

どれだけ家族に迷惑をかけることになるか・・・

まず何が一番ダメかって

納得もしていない場所で
やろうとしている事もそうじゃけど

お前が、今まで培ってきた
料理に対する想いとかが
何もないのがいけん

オマエのお店で
オマエの作る料理で
オマエの接客で

お客さんに何を届けたいのか!double exclamation

こういう想いが無いけ
そんな店やっても絶対に潰れるわ

しかも今の状況は
その納得もしていない場所から

すべての構成を考えようとしている!

すべてが逆になっとるんよ

オマエがお客さんに何を届けたいのか!

それをするためには
どこの場所じゃないといけない!

そして料理や接客はこんな感じで・・・

っと考えていくもんじゃ!

自分ごまかしてまで
大借金してまで

何を挑もうと思うとるんやdouble exclamation

このままやって
下手うったら

後悔先に立たずになるで

っと、背中を押してやった。

すると

 

ずっと自分の中で
何かに引っかかっている物がありました

でも、今はっきり言ってもらって
スッと腹に落ちました

僕、焦っていました

もう一度、原点に戻って
本当にやりたかったことを
見つめ直してみます

 

っと、先ほどの
悲壮感漂った顔つきとは全く違う

晴れやかな顔で
笑顔でそう言って帰っていった

 

確かに、独立をしようと
前職をやめると

独立へ向けた色々なことが
想像もしなかったように

次から次へと起こってくる

そして、最終的に
その起こってくる不都合に負けて

どこか妥協をし始めるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

でも確かに

そんなに完璧な物はないから
どこかで妥協もせんといけん

じゃけど

自分の力で
世の中に発信していこうとした

その想いだけは

妥協しちゃいけんdouble exclamation

 

今回相談に来た彼に
すべてをやめさせるような喝を入れたのは

自分の想いもなくなってしまい
目の前にある場所から
すべての戦略を考えていたから

でも、きっと彼なら

小さくても想いの詰まった
良いお店を作ると信じている

 

そんな彼ですが
そうは言ってもまだ無職です

気持ちも焦っているでしょう

まぁ~

コロナもこんな感じじゃし
他のアルバイトでもしながら

気長に自分の納得出来る場所で
納得できることをやらん限り

何かあった時に

妥協したことを悔やむようになるよdouble exclamation

 

わしもこの事務所に移転するために
2年以上も場所探ししたけぇね!

その2年の中で

もう事務所変わらんでもええか・・・

って投げやりになった時もあったけど

今は心の底から思う

この事務所にして良かった!

ってね

じゃけ、妥協は禁物よ!

この入り口に付いている
会社のロゴの看板は

この錆びた無骨なイメージを出すのに
何回もやり直してもらったけぇね

やっぱり

神は細部に宿る

じゃね

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎