ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

日々の中での大切な気付き

何事にもガイド役がいれば最短で最大の成果を上げることができる!

vol.4143


おっさん視察旅の二日目

昨日は
乳頭温泉を出発して

青森・秋田の両県にまたがる
十和田湖の奥にある

奥入瀬清流(おいらせせいりゅう)という
渓谷を散策

org_photo_6553664_1566788962000

奥入瀬清流とは

十和田湖・子ノ口から焼山までの
約14kmの流れ、奥入瀬渓流

十和田湖と奥入瀬渓流は
十和田八幡平国立公園を
代表する景勝地の一つで

新緑や紅葉の名所としても知られ

シーズン時には特に
四季を満喫しに訪れる人や
日常の疲れを癒しに訪れる人などで溢れています

 

そんな奥入瀬清流は
綺麗なせせらぎが
ずっと続くという景観

確かにきれいじゃけど
旅の途中に立ち寄るには
ちょっと長すぎる

000keiryumap

しかも
とにもかくにも人が多く
ゆっくりと散策をする感じでもない

でも一応来たからには
多少散策気分を味わって

マイナスイオンを
体いっぱいに浴びておこうとなり

おっさん4人で
川のせせらぎを聞きにexclamation

 

するとそこに
1人のお年寄りが

いろいろと
観光客に話をしている

急いでいる足をちょっと止めて
そのお年寄りの話に耳を傾けていると

この大自然の見方を説明している

この木は、この大きな岩の間を
グングンと伸びてこんな大木になっている

とか

普通では見逃してしまう風景を
事細かく説明している

それを観光客の人たちは
小耳にはさみながら
足早に立ち去っている

でもわしらは
短い時間で
めちゃくちゃいい景色を見たいので

そんお年寄りに話しかけた

もっとおすすめポイントはないのか?

そう聞いてみると

そのお年寄りも
こんなに聞き入ってくれる人もいないので

張り切ってくれて
色々と教えてくれたdouble exclamation

その時に教えてくれた
絶景ポイントがこちら絵文字-矢印3

20190826_121230.jpg

何とも短時間で
絶景ポイントを
無駄なく見れた絵文字-矢印3

20190826_121138.jpg

そのお年寄りは
ボランティアのガイドさんらしい

自分で作った名刺を
うれしそうに見せてくれた絵文字-矢印3

20190826_121214.jpg

 

そしてそこから
グングンと北上し

青森で、うちの塾生で
これからの事に悩んでいる

鳴海さんに会い
特別コンサルへ

『眉の調整がわからない時のたった一つの対処法。』
   先日来てくれた女性のお客様はメイクレッスンをご希望   ここ最近はメイクレッスンのメニューをブログに乗せていないですが   それでもお問い合わせをいただ…

 

これは今回の旅の目的の
大きな一つのミッション

わしからのアドバイスはもちろん

わし以外のおっさん経営者からも
いろいろとアドバイスを送ったexclamation

あとは彼が考えるだけ

なる!
また報告してね!

 

そして

鳴海君に青森港まで送ってもらい

青函連絡船に乗りいざ函館へ絵文字-矢印3

20190826_165122

船が出るときには
津軽海峡冬景色がかかるかと思っていたら

そんな演出は何もなく離岸した絵文字-気持ち (22)

そこから
沈みゆく夕日を眺め

20190826_180420

函館についたのは
20時40分

所要時間

3時間40分

まぁ~まぁ~の長旅

そんな日が沈んでから
函館に着いたら

やっぱり見んといけんでしょdouble exclamationdouble exclamationdouble exclamation

20190826_2121032.jpg

ただ

函館山の夜景を
見に行くには

9:50分のロープウェイが最終

飯を食ってから
上るには時間が少なすぎる

どうしようかと思い
色々とネットを調べると

22時からは山頂に
一般車両の乗り入れがOKとなる

よしdouble exclamation

それならば
先に飯を食って
22時以降にタクシーで登ろう!

そのような段取り予定となり

まずはフェリーを降りて
タクシーでホテルに向かい

荷物だけおいて
うまい寿司でも食べて

ほろ酔い気分で
函館山に向かおうdouble exclamation

っと、乗ったタクシーの運転手さんに
このプランを話をしたら

 

お客さん
それは危険なプランだね

22時以降は一般車両の乗り入れが
可能になるから

山道が車で大渋滞になるんです

頂上の駐車場も
そんなに数がないから

函館山の22時以降は
車の乗り入れは危険ですよ!

それならば
今(21時)この足で
函館山に行けばいいですよ!

 

って言うので

でも今行ったら
ロープウェイの時間が少なくて
焦るようになるじゃないですか?

 

って聞き返すと

えっ!
この時間は一般車両はダメだけど
タクシーだけは山頂まで行けるんですよ!

 

っと・・・

 

そりゃええ話を聞いた!

観光客で満杯になった
ロープウェイに

大きなに元をもって
すし詰め状態で乗らんでもいいし

ロープウェイも
1人往復で1200円もするし

4人で考えたら
タクシーの方が
安いじゃないかdouble exclamation

ってことになって
タクシーの運転手さんのガイドの元

函館山山頂へ

上がる道中は
運転手さんがガイド役となって

いろいろと
プチ情報を教えてくれた

そして下山してからの
おいしい寿司屋さんも紹介してくれて

20190826_2118502.jpg

そこまで運んでくれた
昼間に行った
奥入瀬清流と言い

この函館山と言い

プロのガイドさんが
色々と教えてくれたので

一番の短時間で
一番の成果を上げることができたdouble exclamation

これって
我流でやっていたら

時間がかなりかかってしまい
大した観光もできてなかったはずバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

何事も
水先案内人が重要だってことじゃね

それは勉強でも一緒double exclamation

我流で数学を勉強するより

ちゃんとした先生に
最短で答えを出せる
計算式を教えてもらった方が

明らかにいい点が取れる絵文字-気持ち (20)

ただそこには

その情報を教えてくれる人に
お金が発生するが

考え方は

お金で最短で
最高の成果を上げる

その時間を買ったという事

だから、わしのブログを読んで

なんとなく理解をして
我流で365日ブログにチャレンジする人がいるが

これって
時間の無駄以外の何物でもない絵文字-気持ち (21)

 

なぜかって?

我流でやると
コツをつかむまでに
行ったり来たりせんといけん

そしてその
行ったり来たりする
時間を無駄にしてしまうdouble exclamation

その時間の無駄は
わしがやってきたんじゃけ

わしは全て我流でやって来て
12年間も毎日書き続けて

最短で最大の成果を上げる方法を
色々と失敗しながら編み出してきたdouble exclamation

ならば

その時間短縮できる
有益な情報を
金出して買えばいいじゃん

 

それなのに
つまらんポンコツ社長は

目に見えない情報とかに
金払うのを惜しむんよ絵文字-顔 (9)

この感覚じゃ
いつまでたっても
時短はできないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

セミナーとかで
お金を払うのは

無駄な失敗をして
無駄な時間を費やすのを防ぐためdouble exclamation

 

だから
わしのブログを見て

行こうかどうしようか
って悩む時間があるんなら

パッと金払って
パッとセミナー来た方が

最終的には安く上がるよ

blog-img

本当に

今回の2人のガイドさんには
本当にお世話になったdouble exclamation

ガイドさんの重要性を
改めて実感した旅となった

 

みんなも

情報に金が払えるようにならんと
いつまでもポンコツ社長をするようになるよ!

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も10年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎