リボーンアワードのすべて

ある日突然、手袋屋になったらどうしますか?

vol.4250


今日ご紹介するのは

リボーンアワード2019 第3位

名古屋から参戦してくれた
手袋のソムリエの江村さん

彼女とは

セミナー講師の祭典
セミナーコンテストで知り合い

その後2017年2月に
ブログセミナー42期生@名古屋の
メンバーとして参加してくれた

わしが最初に
江村さんにあった時は

セミナーコンテストの全国大会で
第2位を獲得されていた

そのときには話されていた内容は

中国の話しじゃったdouble exclamation

彼女はもともとが
中国との貿易をする
商社をされていた

その商社時代に
跡継ぎがいないという手袋メーカーと出会い

工場ごとそのメーカーを買ったのが
彼女の運命を大きく変えることにバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

今までは商社マンとして
現金で買い叩いて商売していたのが

今度は買い叩かれる方になる

しかも別に
やりたかった訳でもない手袋メーカーで

そして数年後

数千万の負債と
数千万の在庫を抱え
この手袋メーカーを手放すことにバッド (下向き矢印)

ただ彼女の
中国でのビジネスは
長いキャリアもあったし

しかも商社マンとしての成功体験

手袋メーカーとしての失敗体験

この両方を持っているので

中国との貿易で
大切なことを話して欲しいという
依頼が舞い込んでくるdouble exclamation

しかもギャラも出る

いわるゆ講演講師!

彼女はそこに
かっこよさを見つけたんです!

このネタで
全国制覇も夢見ていたんでしょう

そのためには
まずは告知活動をしないといけないdouble exclamation

ということで
うちの門を叩いた

そこから
中国ビジネスブログを書き続けたが

読者からの
何のリアクションもないバッド (下向き矢印)

するとある日
彼女がこう話をしてきた

 

中国ビジネスでブログを書くのが辛いんです

これからは
たいしてお金にはなっていないですが
本業の手袋について書こうと思うんです

 

そんな話をしてきた

その時がちょうど
ブログ開始から300日

あと2ヶ月位で
365日毎日更新が達成される

そんな時の話じゃった

わしの提唱する
NJE理論ブログというのは

自分ななぜその仕事をしているのか

という想いがない人は
365日毎日書くことは
出来ない様になっているdouble exclamation

だから彼女も
中国ビジネスで講師活動という仕事に

お金の匂いはしても
やりがという想いまではなかったのが
露呈したんじゃろう

そこから
本業でもある手袋屋として
ブログを再スタートした

あれだけ好きでもなく
かっこ悪いと思っていた

手袋屋として

その理由は

ある展示会に出店していた時の話

とある男性が近寄ってきて

 

あんたのところには
指が切れない手袋があるんだ?

そんな良い手袋があるなら
俺みたいな人間がでなくなるな

頑張ってね

 

そんな話をして
立ち去った人がいたらしい

その人は
仕事中に親指を切り落としたと
見せてくれたらしい

それを見た彼女は
心臓の鼓動が止まらなかった・・・

 

そこから
彼女の闘争心に火がついたどんっ (衝撃)どんっ (衝撃)

 

そして今では

手袋で防げる
労働災害事故がある

手袋で労働災害ゼロをめざす

という使命を持って
本気で手袋屋をされている

今では手袋のブログも
365日を達成され

どこを切り取っても
手袋のことしか書いていない

手袋専門ブログとなったdouble exclamation

振り返ってみると、やっぱり出場してよかった!リボーンでハッキリしたこと | 作業手袋で労災事故をゼロに!愛知の手袋のソムリエ
いつも手袋のことばかり考えている あなたの手袋のソムリエ のりねえです。 昨晩はリボーンアワードを振り返る Zoom会議でした。 出場者5名と応援に来てくれて人も 来られなかった人も、一緒に 参加して感想や、その時々の 気持ちをシェアしました。 ▲右上が私です。 便利ですね~~。 北海道から広島までいろんな 地方のメンバーが同じ時間に テレビ電話?できるんですから。 こうやって、シェアしてはじめて

 

わしが今回彼女を
リボーンアワードに選出したのは

どんなに小さな仕事でも

一点集中して深堀りしていけば
そこには勝機がある!

そして仕事とは

自分というフィルターを通して
どんな人を救うことができるのかという

誰かのため

これがないと
仕事にはならない!

ということを
みんなに分かってほしかったので

今年の出場者として
彼女に白羽の矢を立てた!

そんな彼女のもとに
決定通知書が届いた瞬間映像を

御覧ください

さぁ~明日は
第2位の方の紹介です

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎