ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

リボーンアワードのすべて

事業継承した人達には他人事じゃなかったプレゼン!

vol.4260


今日はクリスマスイブじゃけ

第8回リボーンアワード2019の
最優秀賞の方を紹介しようと思う

今回の優勝者は

大阪でスーツの仕立て屋をされている
イルサルトの末廣徳司さん

仕事を通し『輝く経営者』を増やしていきたい! – 日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋 イルサルト

 

彼はうちの塾生になって
まだ1年半だけど

ブログ自体は
すでに7年近く書いていた

そんな彼が
うちの塾に入ってきたのが

2018年4月

その後

わしがやっているセミナーの中の
最高峰に位置する

アップグレード経営道場5期生として

強みや理想客、ビジネスモデルに理念作り
これらを勉強しに来てくれた

そんな彼は
やっぱり早稲田大学出てるだけあって

勉強熱心

わしの所に来てくれるまでも
色々なところで勉強しまくっているので

まぁ~何を教えても
呑み込みが早いdouble exclamation

今までの
ポンコツアホ社長と訳が違うdouble exclamation

ただ単純に
スーツの仕立てをするんじゃなく

スーツを通じて
それを着る経営者のブランドを作る!

なんなら

想いなき経営者の
ただかっこいいスーツは作らない

自分の会社を
こうしていきたい!

そんなミッション・ビジョン・パッション
これがない人には作らない

なぜならば

 

スーツ屋じゃないから

イルサルトは

そのお客様の
ブランドを作るところだから!

 

という

物売りじゃなく
ストーリーを売っている

だから
そこに共感してくれる人たちが

全国各地から
彼の元に集まってくるdouble exclamation

だから正直
教えることはあまりなかったんじゃけど

このアップグレード経営道場で

彼のこれからの方向性を
更に研ぎ澄ましてくれた

そんなクソほど勉強している彼だけど

わしには唯一

彼のウィークポイントが見えていた

それはどんなに高額なセミナーに出ても
誰も教えてくれなかったポイントじゃろう

それは

彼が事業承継という道を遮断して
親を裏切ってしまったという

負い目

これが彼の
一番のウィークポイントだと
わしは見ていた

なぜならば

その負い目を
浄化しないまま時を過ごしていたからdouble exclamation

誰にでも
振り返りたくもないような過去がある

でもその辛い過去を
見て見ぬふりをして
蓋をして心の奥底にしまい込んでいたら

いつまでたってもそれは

心の重荷になり

何をするにも
その重荷が引っかかることになり

またその重荷を
見て見ぬふりをして生きていくようになるdouble exclamation

だからわしの持論は

人間の強みは
それぞれの辛い過去の浄化にある!

そう思っているので

彼に伝えた

 

dummy

すえは事業承継しなかったその負い目を
親父とちゃんと話をして浄化せん限り

ずっとその十字架を
背負って生きていくようになるで!

じゃけ、ちゃんと話をして来い!

 

そう伝えた

そして彼は
その直後に控えていた

彼の会社の10周年イベントに
お父さんにも来てもらって

ステージの上から
スピーチをした

そして彼なりに
過去を浄化するかのように

今の想いを伝え

それを聞いていたお父さんは
泣かれていたたらーっ (汗)たらーっ (汗)たらーっ (汗)

ただ

これでは
表面的にはうまくまとまったように見えたけど

わしには
物足りなかった

わし的には
お父さんとちゃんとひざを交えて

一対一の男として
たいまんをして欲しかった

ただ、事業承継をやめて
すでに何年も経過しているので

今更ひざを交えてというのも
なかなか出来なかったみたいだったので

それなら
自分自身の本当の部分と
もっと向き合ってもらおうdouble exclamation

そう思い

リボーンアワードに選出した

このリボーンアワードは
発表する当日まで

何日もかけて
内観をしてもらう

自分自身と向き合ってもらい
口先だけの言葉には

サポートメンバーが噛みつく!

サポートメンバーも
過去このリボーンアワードに出ている強者たち

小手先を許してくれる人なんて誰もいない

そんな中
彼も相当追い込まれ

極限状態まで来ていた

そして当日のステージでは

制限時間をかなりオーバーして
しゃべっていた

でも、彼の本当の
ココロの中身が表れている

良い発表じゃったdouble exclamation

お父さんとの確執や

もともとお父さんの元にいた
スタッフの人との確執や

何も結果が出せない自分自身へのいらだちなど

事業承継を経験した人たちには
他人事のように聴けない内容だったのでしょう

多くの人が
自分ごとのように聴いていた

そして見事優勝をかっさらっていった

そんな彼が
リボーンアワードを終えての感想を書いてくれている

リボーンアワードで得たもの – 日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋 イルサルト

 

彼はこのリボーンアワードで
また一回り大きくなった!

 

そんな2019年の
リボーンアワードでした!

出場してくれた5名の皆さん

そしてその5名をサポートしてくれた
サポートスタッフの皆さん

そして
当日会場に足を運んでくれた皆さん

そしてそして
協賛という形で
このアワードを盛り上げてくれた皆さん

本当にありがとうございました!

来年の9回大会は

2020年12月3日(木)です

今から手帳に
書き留めといてくださいね!

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎