ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

新しい自分に生まれ変わるヒント

コロナで分かったキャバ嬢の寿命

vol.4466


今日も
個別コンサルのラッシュじゃった

セミナー受講に付いている
無料の個別相談もあるんじゃけど

それ以外の
スポットでもコンサル依頼も多くなっている

 

そんな今日の相談者は
アラフォーの女性

お仕事は水商売

そしてこの道15年の
ベテランの方

とはいっても
まだ全然カワユサで売れる感じわーい (嬉しい顔)

そんな女性から
なんの相談かと思ったら

今こういう飲み屋さんは
コロナの影響で大変な状況に

自粛が解除され
お店は再開することが出来たけど

ソーシャルディスタンスで
満席にすることも出来ないしバッド (下向き矢印)

昔のような
客入りにもなっていないバッド (下向き矢印)

なのでお店側としても

来るかどうか分からないお客さんを待って
女のスタッフを常駐させることも出来ない

これはお店の方針で
色々じゃとは思うけど

女の子は店に出勤しても
すぐに時給が発生しないお店もある

ようはお客さんが来ても
指名もかからなければ

ずっと待機の席にいる

そんな待機の席にいる間は
何時間いても時給が発生しない

客席に行って
お客さんの横に座ってから

初めて時給が発生するdouble exclamation

そんなお店もあるが

今のこのコロナ禍の中では

それよりも過酷になっているらしい

自分でお客さんと
同伴のアポを組んで

お店に一緒に入ってこない限り
出勤すら出来ないという

そして人気の女の子じゃなければ

同伴してきたお客さんが
チェックを済ませ帰るとなると

一緒に帰らされる女の子もいるらしい

 

まぁ~~~

なんとも
厳しい状況なんじゃね

 

これじゃ、美容師で言う

面貸しと一緒じゃね

 

面貸しとは
お店を持ってないフリーランス美容師が

美容院のセット面を時間で借りて
その借りた時間だけお金を払うというシステム

それに似たようなもんじゃね

キャバクラで
ソファー席を時間で借りて接客をする

なかなか厳しい世界じゃねバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

そんな厳しい状況を見て
そのアラフォーの彼女も

先を考えたようじゃdouble exclamation

この世界で15年以上働いてきて

こんな事一度も考えたことがなかったが
目の前には厳しい現実が起きている

 

マズい!

このままじゃ
私みたいなおばちゃんになってくると

いつ切られるか分からないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

ヤバい!

今までこの水商売したことがないから
いざこんな状況になっても
何をやって良いかも分からない・・・

ヤバい!

とにかく不安なんです・・・

 

っていう
ざっくりとした相談じゃったんじゃけど

でもこれって

彼女だけが感じていることじゃなくて
水商売やっている女の子達は

めちゃくちゃ焦っているんじゃないんですかね

過去に色々なビジネスを経験してたりすれば
その中から自分のやりたいビジネスって言うのが
見えてくると思うんですが

過去にやったビジネスって

水商売だけ!

それじゃ

この先何をやりたいの?
自分が本気になれる仕事は何があるの?

なんていう質問は
愚問以外の何物でもない

なんてったて
水商売一択なんだから

今回の相談者の彼女は
意外にも根性と覚悟を決めていたから

多少時間はかかると思うけど
良い結果が生まれると思うけど

普通はこうはいかないdouble exclamation

大事なことは

不安になっても良いけど
その不安をいつ確信にするのかという

覚悟を決めること!

誰しも不安になる時はある

でもその不安を
消し去るためには

ジッとしてたんじゃ
その不安にもなれてきて

いつかその不安が
本物になってしまうexclamation

そしてその時に後悔しても
何も始まらなくなるdouble exclamation

じゃけ、大事なことは

その不安をかき消すために
覚悟を決めて退路を断つ!

これしかない

 

不安な状況っていうのは

まだ心の中だけの話

これが生活にまで
悪影響を及ぼしてくるくらいになると

いよいよ焦ってくるけど

でもその時に動いても
もう遅いんよね

じゃけ、不安に思うということは

良くはない状況が
目の前に迫ってきているという事

まだ若いんなら
その不安を抱きながら
ズルズルやれば良いけど

もう若くないと思うんなら
覚悟を決めて動くしかないんよdouble exclamation

そんな厳しい水商売でも
すぐに辞めると生活が出来なくなるから

辞める時期を
ハッキリと半年先とか1年先とか設定して

次どうするかを
本気で動くしかないんよdouble exclamation

今までが水商売一択しかないんなら

他のビジネスがどんなものか
調査するしかないじゃん

そんな動きもせずに

ただただ不安になってたら

 

はい!○○さん
今月いっぱいで
うちのお店には来なくて良いので

それまでにどこか
他のお店を探してくださいね!

 

っていう

最終宣告をされるようになるよ

いつまでゆっくりしとるん

その不安
必ず現実になるよ!

そうなる前に動かんと!

世の中の水商売女子に
声を大にして伝えたいね!

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎