ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

リボーンアワードのすべて

今年のリボーンアワード開催をどうするか悩んだ結果・・・

vol.4504


毎年この時期になると

恐怖のアレが届きます

 

その恐怖のアレとは

毎年年末に行われている

リボーンアワードの
出場決定通知書

このリボーンアワードというイベントは

毎年12月に

うちの塾生さんの中から
今年1年間で一番伸びたと思う生徒さんを

わしが独断で5名ほど選出して

その5名の方に
今年の選抜者として
ステージに上がってもらい

ココまでの自分の生き様を
20分のプレゼンに落とし込んで
発表してもらうdouble exclamation

そしてその年の
優勝者を決めるという大会

2017年大阪大会

2018年神戸大会

2019年広島大会

こんな感じで

参加者も
毎年250名近い方に集まってもらい

今年の一番を
全員の審査で決めているんじゃけど

毎年500万以上の金をかけて
うちの会社だけの主催でやっているイベントdouble exclamation

これだけ金をかけているから

ステージングも
かなりこだわっている

わしのこだわりが
毎年毎年エスカレートして
500万オーバーというヒドい事になっているバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

でもこの大会も
去年で8回やってきて

毎年見に来てくれる
オブザーバーさんも

目が肥えて

来年はどんなに
こった演出をしてくるんじゃろうか

って期待してくれているから
ついついわしも
それに答えようとして

とうとうここまで来てしまったexclamation

そんな手の込んだ
リボーンアワードなんじゃけど

そもそも

なぜ【恐怖の赤紙】
言われるようになったかというと

これだけの豪華な舞台で
思いっきりプレゼンが出来るんじゃけ

みんな名誉ある事と
思ってくれるんじゃけど

これだけのステージを作って

なんじゃこりゃ?

みたいなプレゼンは
させるわけに行かない

わしのこのリボーンアワードにかける想いは

やっているうちの会社も本気exclamation

関わってくれる
リボーンアワード過去出場者も
サポーター達も本気exclamation

そしてそれを見に来てくれる人も
参加費2万円以上出してくれるほど本気exclamation

そんな本気の人がガチンコするのに

出場者だけ
甘っちょろい事は出来ない

だから出場者は
赤紙が届いた9月から

当日のプレゼン発表の
練習会が始まり

最後の最後は
リボーンアワード当日の
3日前から会場に入ってもらって

地獄の合宿が始まる

ここでは
みなさんが想像できないくらい

全員が鬼のような言葉を浴びせる

去年なんかは

 

アナタの話を聞いていると
なぜだかムカつくんです!

これが全てなら
なんで裕治郎さんが
アナタを選んだのか

そこを疑ってしまいます!

 

っと、バッサリ切られていたので
しょうがないよね・・・・

言われた方が
こんな顔になってしまうよね

でもここまで追い込まれて
合宿中はほとんど寝る事も出来ずに

渾身のプレゼンを作るから

当日は見に来てくれている
ゲストの心をゆさぶるんですよね

そんなリボーンアワード

今年の2020年大会が
第9回大会になるんじゃけど

今年、リボーンアワードは
中止とさせて頂きます

 

理由は・・・

みなさんご存じのように

新型コロナウィルスですバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

今やまだ特効薬も出来ていない

いつ第3波が来るかも分からない

そんな中、250名の参加者に
集まってもらおうと思ったら

3倍の800人くらい入る会場でないと
3密が守られないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

じゃ、もう少し人数を減らして
いつもの会場くらいの大きさでやる

と言うことも案には出ましたが

赤紙をもらって
死ぬほどのダメ出しをされて

当日前には
合宿までやってと言う

ガチガチに追い込まれるこの大会

出場者が一番本気なのに

それを少数に減少された
そんな中でやらせるわけにはいかないしバッド (下向き矢印)

800名のだだっ広い会場で
スカスカの人数でやらすわけにはいかないバッド (下向き矢印)

ましてや

ZOOMなどを使った
リモートでの開催なんて

絶対にやりたくないdouble exclamation

 

やっぱりリボーンアワードは

ステージと会場の一体感

これがないと
リボーンアワードにならない!

そこに強いこだわりがあるので

それが出来ない
今年のこの状況なら

中止せざる終えないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

うちの会議でも
代替え案は色々と出たけど

やっぱりリボーンアワードは

関わる人全ての
ガチンコ勝負!

これなので

今年は泣く泣く中止とさせて頂きます

 

よって今年は
リボーンアワードの開催がない分

去年までの映像で
リボーンアワードをご堪能下さい

リボーンアワード2019-DVD
リボーンアワード2019DVDの予約販売開始!今年のテーマは「AraGau(抗う)」。業界のルールや常識などに抗った5人それぞれの魂の叫びをご覧ください!

 

これは1年分のリボーンアワードが
DVD2枚に収録されているますが

先日こんな問い合わせがありました

家にDVDが見える機械がないので
データでいただけませんか
それならスマホとかでも見れるので

というモノでした

よって、DVD以外にも
映像データをUSBに入れてお送りしますので

お申込時に【備考欄】に
データで下さい!

そうお書き下さい

 

いつもこのリボーンアワードに
携わってくれる

サポータのみなさんには
明日から直接ご報告しますので

よろしくお願いします

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎