優秀なスタッフを育てたい

イマドキワーカー達は体育会系的働き方が嫌い!

vol.4626


意識低い系

とも言い換えられる
イマドキワーカーの実態が

ジャパンネット銀行の
調査によって明らかになった

と言う記事があった

まぁ~
今の子達が

意識低い系と言ってしまうのは
どうかと思うんじゃけど

でも確実に
わしらの時の世代とは

仕事に対する捉え方が
確実に違っとるのは間違いないdouble exclamation

東京に行ったら
シェアオフィスが乱立していて

しかも広島とかにあるような
机とイスだけがあるような

ガチガチの仕事部屋
って感じじゃなく

そりゃもう

ココはGoogleかamazonか?
って言うくらいの

開放的なオフィスになっている
(行った事はないけど・・・)

そしてそこでは
16時以降になると
ビールも飲めてしまうと言う開放感

そこに
パソコン一台だけ持っていれば

どんな仕事でも出来てしまうんじゃけ

そりゃ仕事に対する価値観も
わしらとは変わってくるよね

 

で、その調査結果がこちら

楽したい手抜きワーカーが
49%もいるという

いかに楽に
効率よく出来るか

そこを考えているよう

だからなのか
上司にこびるかという質問に

時々こびると
常にこびる

この2つをあわせると
7割以上の人がこびているという

パソコン1台で仕事は出来る!

そんな一匹狼風かと思ったら
意外にも甘えるところでは甘えている

これも効率よく仕事をする表れか

調べるよりも聞いてしまって
なんなら上司にやってもらおうexclamation

そんな姿勢かも

でもその割に
上司と飲みに行く事はしない!

という理不尽な結果・・・むかっ (怒り)むかっ (怒り)

大手で働いている
わしらと同世代の人達の
苦悩が手に取るように分かる結果じゃわ・・・

 

そして嫌いな働き方は?
という質問には

体育会系と答えた人が
61%もいるという結果に

体育会系的働き方ってなんじゃろ??

キチッと上下の関係があって
飲みニュケーションを重視して

共に汗を流し
共に苦労しながら
共に目標を達成していく

そんな『共に』っていう
働き方の事なんかね・・・

頼むから
いちいち干渉しないでください!

そんな感じなんかね

あ~~~ぁ
わしはダメじゃろうな

わしは今の若い子達に
受け入れられんのんじゃろうな・・・

良かった~~

大手のサラリーマンじゃなく

 

まぁ~生まれた時代も違うので
色々な事がしょうが無いと思うけど

コレは見逃せれん!

嫌な働き方で

地道にコツコツということ

これは
この世代だけの人じゃなく

全ての世代の人が
やりたくても出来ない事なんじゃろう

 

でも!

でもでも!

でもでもでも!

これに勝る事はない!

 

同じ事を
地道にコツコツとやっていく

簡単そうに見えて
誰も出来ない事なんよdouble exclamation

そして

誰も出来ない事じゃけ
そこには信用が生まれるんよ

どんなに些細な事でも
1年2年・・・

そして5年・・・10年・・・

と続いている人を見たら
スゴいと思うじゃろdouble exclamation

人間の信用なんて
そんなパッとは出来んのんよ

時間がかかるんよdouble exclamation

だから

一発逆転満塁ホームランを
打ったからと言って

監督からは信用はされんのんよ

みんなが野球の監督じゃったら

いっつも三振しかせんのに
今日に限って
一発逆転満塁ホームランを
打った選手と

毎打席コンスタントに
ヒットを重ねる人と

どちらが信用がおけますか

じゃけ、もっと言うと

そんなに飛び抜けた
スキルが無くても

毎日毎日コツコツと
実績を積み上げていく

コレが出来れば

最終的には
スキルを持っている奴より
信用信頼を勝ち取るんよね!

ということで

今年の4月1日から
毎日更新を始めた

YouTubeチャンネルも

昨日で267日を迎え
チャンネル登録者数が

1000人を超えました!

今日は

この1000人登録者数までの道を
語ってみようかと思ったのですが

前置きが長くなりすぎて
ここから書くと

みんなが読むのに
疲れると思うので

この話は明日に・・・

ただ、昨日のYouTubeは
編集も何もしない

生放送にしたので
良かったらみてやってください

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎