講演会その他

脱・下請け!これをやるなら本気にならんと!

vol.4688


下請け仕事が
全体売上の50%を超えているような会社は

まじで考えんといけんよ

っていうか
考えてたらもう手遅れになるよ

今すぐ次の手を打たないと

今日はそんなお話です

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年3月16日(火)号
行ってみよう!

 

昨日は

広島県中小企業団体青年中央会様からのご依頼で
講演をさせてもらった

タイトルはこれ

この広島県中小企業団体青年中央会とは

色々な業界の団体を集めた団体?

例えば塗装組合だったり
看板組合だったり

そんな色々な団体が
集まっている団体で

その中の青年部のような会なのかな・・・

 

だから所属会員数は多く

そして2代目とか3代目の方が
比較的多い団体

そこで、初めての
オンラインセミナーをやろうということになり

わしに白羽の矢が立ったんじゃけど

内容は

このコロナ禍で
元請けからの仕事が無くなって

厳しい会社が多い

そんな状況下で
いつまでも仕事が下りてくるのを
指をくわえて待っているんじゃ

ダメだろdouble exclamation

だからそんなゆっくりとしているみんなに
喝を入れて欲しいという内容じゃった

 

なにせ、初のオンラインセミナーだったみたいで
Zoomの使い方もよく分からない

ということで

うちの事務所から
配信をすることになった

うちの事務所には
10人くらいのメンバーが来てくれ

14時から16時半まで

結構長時間の
オンラインセミナーじゃった

2時間半もあったので
色々話しはさせてもらったけど

一番は

脱・下請け!

元請けからの仕事が
全体の割合の50%を超えているような会社は

その元請けから
仕事が下りてこないと

速攻で会社が傾くバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

でも、そんな元請けから仕事が下りてくる
そんなん環境が何年も続いたから

仕事が下りてくることが当たり前になり

もし何かあったら??

っていう危機感がなくなってしまう

 

でも、このコロナは
そんな仕事をくれる

元請けにも直撃

すると今まで通に入っていた仕事も
ピタッと止まりはじめた

それが

2ヶ月・・・

3ヶ月・・・

と続いていきて

はじめて

ヤバい!

そう感じても

もう手遅れ・・・バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

そうならないためにも

今の下請け仕事じゃなくても
自分の足で立てる会社になりましょう!

そんな講演をさせてもらった

そんな中
昨日参加されていた

三谷製菓の三谷社長が
いらっしゃったんじゃけど

彼は、20年くらい前に
わしにボロカスに言われ

悔し涙を流した経験の持ち主たらーっ (汗)たらーっ (汗)

 

彼はわしも所属している
中小企業家同友会のメンバーで

わしよりも10歳くらい若い

そんな彼は
まだ20代中盤で同友会にいたので

よく一緒になる機会があったんじゃけど

あるとき泊まりで
研修に行ったときだったかな

その日の懇親会で
みんな良い感じで酒が回ってきた頃

彼が

僕は父親に新しい提案をしているんですが
中々させてくれないんです!

というので

そりゃ、失敗が見えとるけぇじゃないか

って言うと

 

それもあると思って
もし失敗したら
僕の給料はいりません!

そう豪語してるんです!

 

ってドヤ顔で言うたので

 

dummy

なにようるんや!甘ちゃんが!

わしら初代社長やっている奴は
新しいことをやろうと考えても
すぐに出来んのんじゃ!

新しいことをやろうと思ったら
まずは銀行に行って

金借りて来んといけんのんで

それがなんや

もし失敗したら
給料はいりません

なに甘いこと抜かしとるんや!

そんなに本気でやりたいんなら

お前が自分の名前で金借りてきて
お前名義の借金でやればええじゃないか

この甘ちゃんが!

 

そんな話をして
かなりマウントを取ってダメ出しをしたから

彼は相当それが
悔しかったんだと思う

悔し涙を流した光景を
わしも今でも覚えているdouble exclamation

 

でもそんな彼は

そこから大躍進を告げ

もなか製造業という
決して状態の良い業界じゃないけど

そこから一挙に
超有名企業の仲間入りをした

会社のホームページ見てみてや

もなか屋さんとは思えん
洗練されたデザインじゃけ

最中種[もなかの皮]/製造販売:三谷製菓
最中種(最中皮)の原料となるもち米にこだわり、昔ながらの製法で、質の高い最中種を作っています。また、最中(もなか)のお吸い物にも好評を頂いております。最中種サンプルのお取り寄せも可能です。

 

昨日もその当時の話になり
今でこそ笑い話になっているけど

彼は本気で
わしが死なんかの!って
願ってたらしい

で、彼に聞いた

dummy
今目の前の20代の若造が来て
お前と同じ事言うてきたら
どうするや?

って聞いたら

dummy
絶対に泣かします!

だって

色々と経験すると
経験してない奴が
甘く見えるんよね

でも、あれ以来
2人で飲めて嬉しかった!

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎