お客様は絞る

コロナ禍以降『廃れる会社』と『伸びていく会社』の違い!

vol.4773


オリンピックも始まるし

このコロナにも
だいぶん慣れてきたし

ただ、このコロナ禍が落ち着いたら
その後必ず

廃れていく会社と

伸びていく会社の

2つに明暗がハッキリと分かれる

その別れ道を
今日は書いてましした

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年6月9日(水)号
行ってみよう!

 

昨日は久しぶりに
県外でセミナーした

ってか

気にしてない人達は
全然気にしてないな~

そう感じる

大阪駅にも
まぁまぁ人もいたし

新幹線も
去年の緊急事態の時と比べると

全然人がいるように思えた

 

そんな大阪でのセミナー

リアル会場には
17名の方が集まってくれ

オンラインには
50名くらいの方が集まってくれた

昨日のセミナーは

うちの主催じゃなかったので
どんな人達が聞きに来るのか

全く分からなかったけど

全ては工務店の社長さんが
ほとんどだという事じゃった

 

そしてセミナーが始まる前に
主催者の社長と打合せをしている時に

一番家を売る方は
どのくらい売られるんですか?

って聞いたら

多い方だと

年間に60棟とか
販売されますよ!

って

 

年間に60棟!!!

しかも社長1人で販売するという話し

 

えええええええ~~~~!!!

そんな社長に
わしの話聞なんか

全然必要ないじゃろ

 

1人で年間60棟も売ろうと思ったら
そりゃ相当お客さんの心を掴まんと

ぜったに売れる数字じゃないdouble exclamation

しかも

販売が決まったら
その次は違う人に任せて

とにかく売る事だけに専念せんと
デキる数字じゃないdouble exclamation

 

その話を聞いた時に

わしがもしそこのお客さんじゃったら
あんまり良い気はせんな~~

そう感じた

一生のうちで
一番の高い買い物をするのに

今まで色々と
お世話してくれた社長さんが

契約書に印鑑を押した途端
それ以来一切出てこないんじゃろ

なんか

付き合うまで
めちゃくちゃ優しくて

ドンドンと好きになって
心も体も許した

その途端!

一切連絡も取れなくなったバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そんな感じじゃん!

それ最悪じゃん

 

そう思って
主催者の社長さんに聞いてみたら

そこは、分業になっているけど
次に任されたスタッフさん達も
スゴくお客様からの信頼もあって

スゴくうまく回っているexclamation

そう教えてもらった

 

ますます

わしの話なんか
いらんじゃんか~~~

 

そんな

昨日のわしの話を聞いている人達が
どのくらいの規模の社長さんなんかが

全然分からなかったので
やりにくかったけど

それでも

来月から始まる

大阪と石川と徳島で開催する
NJE理論ブログセミナーに

多くの申込みが入ったdouble exclamation

ということは

まぁまぁ良かったという事じゃろう

 

ただ、事業規模が
デカいとか小さいとかに関わらず

このコロナ禍以降は

廃っていく会社と
伸びる会社の

明暗が分かれると思うdouble exclamation

その要因は
色々あるんじゃけど

代表的なことは

まず廃れる会社は

一見客を相手にしている

コレは厳しいと思うねdouble exclamation

コロナ禍で
色々と接触がデキなくなってくると

お客様との距離感が
縮めにくくなってくるバッド (下向き矢印)

そうなると
接触頻度が下がって

お客様の価値観で
選ぶか選ばないかが決まってくる

じゃ、その
お客様の価値観とは何か・・・

それは

一番分かりやすい例で言うと

金額よね

同じ商品なら
安いに越したことはない

そうやって
価格が一番リーズナブルな会社が選ばれる

そうなると
大手には叶わなくなってくる

だから

伸びる会社になろうと思うのであれば

一見客は無視して
いかにファンだけを集めるか

これを昨日は
話しをさせてもらったけど

ココには
皆さん食いついてくれとった

わしらのような
小さな小さな

中小零細弱小家業は

一見客の中から
ザコ客とファン客を振り分ける

その作業に金がかかってしまって

ちゃんと振り分けがデキた時のは
もう体力が残っていませんバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そうなってしまう

 

だから意図的に
ファンだけを集める手法が

このコロナ禍以降は有効なんです

 

そんな話を
たったの2時間でしたが

いつものマイクなしで
魂込めて熱弁させてもらったら

なななんと

大阪と石川
両方参加しますdouble exclamation

1回聞いたくらいじゃ
覚えられないので

先生の話なら
2回聞いて吸収しようと思います

そう言って

2カ所同時申込みを
してくれた工務店の社長さんがいました!

 

このパターンは
3000人近い生徒さんがいるわしでも

初めてのパターンでした!

 

この工務店の社長さん達って
意外に面白い人が多いかも!

そして、またまた

売上を2倍とか3倍にする
工務店さんがでるんじゃろうな

 

チョッとワクワクしてきました!

 

ほんじゃまた


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎