板坂 裕治郎の熱い想い

タイ・アンド・ギーとオプティマルサプリの2017年の抱負

vol.3185


vol.3185

今日から正式な仕事始めです

毎年仕事始めの初詣は

わしが18歳までお世話になっていた
仁保にある仁保姫神社で

DSC_4076

新年の初めは
なかなか写真とかに登場しない
うちの経理担当の女帝もパチリ

 

あらためてみると

よーこの人数で
アレだけのことをやっとるよexclamation

って我ながら感心するけど

それは、うちの会社の理念に共感してくれ

共に協力してくれる
色々な方のおかげだと感謝しています絵文字-顔 (6)

 

本当に協力してくれる皆さんが

報酬を目当てにじゃなく
うちの会社の『熱い想い』を
共有するために協力してくれるから

わしも気持ちよく
少ないかもしれないけど
報酬を払わさせてもらっているexclamation

 

まさしくわしが提唱している

人間が変わる6つのステップ

コレが上手く形になっている

 

そして、もうひとつ

熱い想いを持って
立ち上げた会社

株式会社オプティマルサプリ
宮下社長と共に初詣

DSC_4075

彼は

日本のサプリメント業界を変えたいexclamation

という想いが強く

その為には自分自身が

日本の栄養学の最高峰の
京都大学を出て

医者になるしかないexclamation

と、結論を出した!

 

そして圧倒的な彼の知識で作った
オリジナルサプリメントを
世の中に届けたいという

彼の想いをカタチにするために

オリジナルサプリメント製造販売する
新しい会社を作り彼を社長に据えた

 

そんな彼は
京都大学合格という狭き門に向けて
現在、猛勉強中絵文字-気持ち (10)

彼には何の心配もなく
勉強に没頭できるように

わしらが経営を頑張ってやっているexclamation

 

まだまだ
儲かるところまではいってないけど

本物のサプリメントが
多くの方に届くようになってきたので

やっている甲斐はある気持ち (3)

 

こうやって

株式会社タイ・アンド・ギーでは

世の中の中小零細弱小家業のアホ社長を救い

 

株式会社オプティマルサプリでは

栄養が足りず不健康な人達を救う

 

なんか誰かのためになっているって
頑張れる力がわいてくるね~~絵文字-気持ち (14)

 

 

2017年は

株式会社タイ・アンド・ギーは

365日毎日更新ブログが達成できた人達だけで作る
Business Blog Athlete (BBA)を確立する

 

そして、株式会社オプティマルサプリは

新商品としてラインナップを揃えるんじゃなく
今ある商品を
もっともっとグレードアップし
みなさまの健康に役立てる

そんな商品を生み出していきますexclamation

 

それではタイアンドギー、オプティマルサプリ共々

2017年も
よろしくお願いします。

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎