ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

儲かっていない経営者の共通項

もうあなたの会社は終わっていますよ・・・

vol.3541


年末になると
いろいろな意味で

リセット

コレを考えるには
いい機会なんよねdouble exclamation

 

絵文字-チェック来年からはこうしよう

絵文字-チェック来年こそはここに行こう!

みたいな
ポジティブな機会なら良いが

 

絵文字-チェック今年いっぱいで閉めよう

絵文字-チェック今年いっぱいでやめよう・・・

みたいな
ネガティブな考えたかをするのにも
ぴったりな時期なんよね絵文字-顔 (9)

 

つい先日も

今年いっぱいでケリを付けて
来年早々には
会社をたたもうと思うんです・・・

っていう相談があった

彼ももう10年以上経営してきて
ある程度のお客さんもいて

安定はしているように見えていたが
内状はそうでもなかったみたいバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

彼の今までの話を聞かせてもらい

彼がどうして
こういう決断をしないといけないかが

すぐに浮き彫りになった

 

それは・・・

ビジネスに
全く仕組みがないこと

0か100かの仕事をしているから
全く安定しないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

それをわし的に言うと

商売が78マスになっていない!

 

コレがどういうことかというと

例えば

あなたが車屋さんだったとして

この年末に
駆け込み需要があって
10台一挙に売れたとしようか

すると
今年の正月は
ゆっくり過ごすことはできるけど

年が明けた
1月、2月に

その反動で1台も売れなかったら

3ヶ月で10台となって
平均すると月に3台という計算になるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

このように

車が売れることに関して

何の保証もないし
後は運任せ!

みたいなことがある

 

それに比べ

地元に根づいている
ガス屋さんを例に取ってみると

皆さんが家を借りるなり買うなりして
住むとしようか

するとオール電化住宅以外は
ガスの契約をしなければ

温かいものは食べれないし
温かい風呂にも入れない

なので地元のガス屋さんと契約をするが

あのガス代と言うものには

実際に使った使用量と
使っても使わなくても払わないといけない

基本料金

というのがかかる

この基本料金は
契約した月から

絶対に発生するお金になる絵文字-記号 (9)

ということは

運任せでも神頼みでもなく
確実に毎月入ってくる
読める数字となる

 

この読める数字が
あるのとないのとでは

安定の仕方が全然違ってくる絵文字-気持ち (19)

なので、冒頭に出てきた
来年早々に会社をたたむと相談に来た彼も

車屋さんのような手法のビジネスモデル
じゃったんよね

この手法は
まだ若くてバリバリできているときなら

がむしゃらに頑張れるけど

それは、本人の気力や体力に
左右されるものとなる絵文字-顔 (7)

でも、その本人が年を食って
バリバリやれんくなってきてしまうと

数字が昔のように上がらなくなり
苦しい台所事情になるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

ここなんよね

先程のガス屋さんのように
一度契約を結んでしまったら

解約が切れるまで
何もしなくても
お金が入ってくる仕組み

この仕組みがない会社は

社長ががむしゃらにがんばれている時は良いが
時間とともに

ジワジワと衰退していくバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

怖いのはこの

ジワジワ

という時間の流れ

 

一挙に悪くなって
一挙にダメージが来るんなら

手の打ちようもあるけど

こうやって気が付かないうちに
ジワジワ来られると

気がついたときには
どうすることもできなくなっている絵文字-顔 (9)

 

この2~3年
わしのもとで勉強をしてくれた人たちは

毎日ブログを更新する!

ということで
ダレきったなまったアホ社長の体質を
矯正することはできたけど

この78マスという仕組みがないから

ジワジワと衰退して
終わっていった社長も何名かいた絵文字-顔 (9)

 

809111

そんな彼らに共通して言えるのは

もっと早くに

ビジネスの仕組みを作ってあげていれば
こんなことにはならなかったということ

だから、2018年は

マジで

頭を下げないでも
ドンドンとお客さんがやってきて

未来永劫儲け続けることのできる
仕組みを持った

本物の社長

これを作っていきます

2018年は
もっと多くの全国にいる
中小零細弱小家業のアホ社長さんたちを

received_1660830610658607.jpeg

本物に変えていきますよ

 

 

 

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎