会社の資金繰りを良くしたい

まだこんなクソみたいな会社があるんじゃね!

vol.4456


先日相談に来た
美容院サロンオーナーさん

彼女はまだ若く
最近自分のサロンをオープンしたばかり

そんな彼女が
わしの元に相談にやってきた

30代女性が
わざわざわしみたいな
オッサンのところに来るんじゃけ

相当行き詰まっとるんかと思い
相談内容を聞いてみたら

まだ自分でやり始めて
そんなに月日が経ってないのに

まぁまぁの
借金の金額がある

どうやったら
そこまでの借金が出来るのか聞いてみたら

まじでイラついたdouble exclamation

まだ世の中に
こんなクソみたいな会社があるんか!

ってね

それは
彼女のお店に
一本の電話が入ってきたみたい

どんな内容かというと

御社専用の
オリジナルアプリを作りませんか?

という営業電話じゃったらしい

これ

自分でお店とか作った人なら
分かってもらえると思うけど

自分が命を削って作ったお店

オリジナル商品とか
作りたいと思うもんよね

そんな心のスキに

アナタのお店だけの
アナタのお店オリジナルの
アナタのお店にしか使えない

専用アプリを作って
世界にファンを作りましょう!

みたいな営業トークが
繰り広げられたにちがいない

そんな世の中の
クソみたいな悪に出会った事もない

純粋ピュアな女の子が

こんな巧みなトークに
はまらんわけがない

すると

アプリを使うほどの規模でもないのに
見事にはまってしまって

400万くらいのアプリを掴まされた

そしてその商品が納品されて
しばらくしたら

今度はホームページ屋から連絡が入り

アプリがあるのに
ホームページがないのは

タイヤのない車に乗っているようなモノです!

くらいの事を言われて
商談の席へと・・・

そして営業マンの
クロージングに勝てずに

そのまま契約書にサイン

はい!これで
アプリとホームページで

チン

500万

がしかし
彼女も一端冷静になり

こんな大金
支払いしていく事が出来な事が分かり

そのホームページ業者に
キャンセルの連絡を入れると

担当営業マンは
分かりました!みたいな
返事じゃったのに

解約手続きの時に出てきた
上司らしき男が

契約書にサインをしたのはアナタです!

サインをした以上
解約は出来ません!

と、のたうち回ったらしい

肝心の
ホームページの制作も
なにも進んでないのに

そこで彼女も覚悟を決めて

消費者センターに相談します!

そう言ったら

それならばうちも弁護士を付けて
徹底的にやりましょう

そうなったら
アナタは破産に追い込まれるでしょうね!

そう吐き捨てられ

それが怖くなり
消費者センターに行く事もなく

ホームページは納品されたバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

ただ、お店も
オープンから1年経過し

このアプリやホームページが
使い勝手が良くないことに気がつく

そりゃ、業者の言いなりになって
作った商品じゃけ

使い勝手なんて
良いわけがないんよ

結局、アプリもホームページも
使わないまま

借金だけが
重くのしかかったバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そしてその借金を返済するために
また新たな借金を作ってしまい

借金まみれの
30代そこそこの若い経営者が

途方にくれることになり
わしの所に飛び込んできたdouble exclamationdouble exclamation

 

まぁ~~~

こんな令和の時代になっても
こんなクソみたいな会社があるんじゃね!

20代で大きなサロンで
バリバリと力を付けて

鳴り物入りで
自分のお店を出店した

だが、髪は切ることが出来も
世の中の悪を切ることまでは出来なかった・・・

世の中を知らない小娘くらいなら

ヤツらのような
悪徳業者からすると

赤子の手をひねるよりも簡単なことdouble exclamation

このアプリ業者と
ホームページ業者は
違う会社だと言っていたけど

きっと裏で繋がっている会社に違いないdouble exclamation

こういうパターンで
世の中の若い女性経営者を
食い物にしているんだろう

ひとりでやっているような美容院に

400万もするアプリって
どんなんや!

まじで話を聞きながら
胸くそ悪かったけむかっ (怒り)むかっ (怒り)

わしが後ろに付いていて
キッチリ取ってやりたかったわ

まぁ~でも
この子にも問題がある

組織の中では
ちょっと売上が良かったんかもしれんけど

それって

組織が大きな舞台を用意してくれていたから
アナタはそこで舞うことだけを考えれば良かったけど

独立してしまうと

その大きな舞台も
自分で作らんといけんくなるんよdouble exclamation

そこが

昔取った杵柄で
高飛車にやっていると

こういう輩の餌食になるよねdouble exclamation

若い女の子は
こうやって落ちていくんでしょうね

そして最後は
デリヘルとかにお世話になってしまうバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

若くしてお店を出す人は

まずは絶対的に信用出来る人に
相談役で付いてもらう方がええよ

技術は出来ても
世の中の構図を知らんけぇね

あぁ~~~~

貧乏くじを引いてしまった

相談だけ聞いて
がんばりんさいよ!

ってよう帰せれんかったバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

次回までの宿題とか出して
報告してくるようにって言ってしまった

まぁええか

彼女が復活したら
わしの武勇伝として
またネタが増えるけぇね

 

ということで
今日から久しぶりの東京です

東京と言っても
東京駅周辺なので

大丈夫じゃろう

ほな頑張ってきますわ

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

この記事へのコメント

  1. 谷口 より:

    いつもブログを読んで勉強させていただいてます

    しょうもない質問ですみません
    裕治郎さんの付けてる黄色い時計はどこの時計ですか?
    めっちゃ欲しいんです!

    1. 板坂 裕治郎 より:

      いつも読んでくれて
      ありがとうございます!

      WELDERって言うブランドです

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎