ネガティブ思考の方へ

マイナスは逆手にとって浄化させる!

vol.4579


昨日に引き続き
旅ブログになりますが

鹿児島ツアー最終日は

こんな垂れ幕で
見送りをしてくれた

霧島ホテルをあとにして

目指すは

熊本県人吉市

ココには
うちの塾生さんがいる

彼に会うために
今回のツアー組んだと言っても過言じゃないくらい

彼に会いたかったdouble exclamation

その彼は
人吉市で美容師をしているんじゃけど

今年の7月に起こった
人吉市を流れる球磨川の氾濫により

お店が流されてしまった

そんな彼の元気な姿を見たいのと

彼の悲惨な状況に
うちのブログセミナーの受講生のみんなが
義援金を募ってくれたので

みんなにも
彼が元気でやっているところを
見せたかったので

彼の住む
人吉市という街に行ったdouble exclamation

この話は
また後日ちゃんとするとして

そこから熊本まで足を伸ばして

これまた数年前に
熊本地震で大きな被害を受けた

熊本城を見に行った

熊本城に足場を組み
大がかりな復旧工事をしていたけど

圧巻じゃったのは

この崩れた熊本城を
いつまでも悲しむんじゃなく

どんな感じで
復旧作業をしているのか

それを見せるために

めちゃくちゃ大がかりな
観光通路が特別に作られ

ちゃんと入場料金も取って

ちゃんとした
観光スポットになっていたdouble exclamation

 

観光通路を下側から見たところ

立派な橋桁のようなモノが組まれていて
決して簡易的なものじゃなかった

こんな感じ

 

さすがに
このままの状態で
大丈夫なんか・・・?

って言う場所もあり

まだ、全く手がつけられてない
そんな場所もあり

いつから
姫路城みたいになったんや?

ってくらい
真っ白なお城になっていたし

ただ、何事も

起こってしまった事実を
いつまでも悲観的にとらえるんじゃなく

そのマイナスを
プラスに考える

そんな動きが大切じゃね

わしはこの

マイナスを逆手に取る

という発想が好きじゃわ

自分の人生の汚点は
とにもかくにも隠したいモノ

でもそれじゃ

いつまでたっても
隠し続けんといけんバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そうやって
隠し続けるんじゃなく

それを表に出して

ここまでボロボロな状態なんですが
今は前向きに復活中です

そう言って
その部分をさらけ出したら

どうなるかというと

そこまでさらけ出せれる
アナタは強くてすごい!

って、尊敬されるようになるけ

今回の熊本城だって
あんなに石垣が崩れ落ちとる姿なんて

カッチョ悪くて
誰にも見せたくないところを

キチッと金をかけて
観光遊歩道まで作って

それを見せるのも
ひとつのエンターテイメントにしてしまう

これがいいね!

 

さぁ~

過去の見せたくもないような
ボロボロの黒歴史も

思い切って表に出してみようね!

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎