BBA(Business Blog Athlete)

コロナよりもGOTOキャンペーン!

vol.4578


一昨日の鹿児島セミナー90期生も
無事終了して

その後は懇親会へとなだれ込み

当然、初の鹿児島ですよ

1次会で終わるわけもなく
2次会、3次会へとなだれ込み

いつもの2時過ぎにお開きへと

そこからは

参加希望者による
鹿児島~熊本を回る
観光ツアーのスタートですexclamation

今回は
セミナーを受講して
その後ツアー参加も良し

セミナー受けずに
ツアーだけに参加も良し

と言うことにしていたら

んと!

札幌のブログセミナー87期生のメンバーが
九州に行ったことないからと

コンサルタントの仕事をしている彼が

札幌から鹿児島に来てくれた!

そんな彼のブログは
必ずF1ネタで書かれている

なんとも不思議なブログ

そういう事..まぁ、あるよね
こんにちは 事業の多角化を通じて 経営者の10年後ビジョンを 「カタチ」にします! 多角化戦略コンサルタント 加納 裕晃です。 ————————————— 11月1日(日) 2020年 F-1第13戦 エミリア・ロマーニャGP 決勝でしたね アルファタウリ・ホンダの ピエール・ガスリー ここ最近のレースでは 絶好調ですよね 今回も4番グリッドスタートで 期待が高かったんですが.. 【こんな報道が】 ↓↓↓ ガスリー、5番手走行もトラブル 「ホームGPで 上位入賞できたはずなのに悲しい」 アルファタウリ・ホンダ【F1第13戦】 投稿日: 2020.11.02 autosport we

 

そして

朝8時にホテル下に
バスがお迎えに来ていた

この手作りの
ツアーフラッグを作る為に

いそいそと1次会で帰って行った
天才ツアーコンダクターの案内で

まずはこちら

ココには
まだまだこの先の人生が
明るい希望の光しかなかった

20歳そこそこの若者が

お国のためにと
帰りのガソリンを積むこともなく
敵機に向かって身を投げるために

飛び立っていった場所

今では考えられないことが
ほんの70数年前には

起きていたという事実

そんな大先輩の方々のおかげで
今わしらはこうやって
今の世界を生きていられるexclamation

生きたくても
生きれなかった
若い命をたくさん見んさせてもらった

なんか

広島の原爆資料館とは
またちょっと違った感覚じゃった

知覧は飛び立っていった場所

そこには心の葛藤や
家族への思いなどがつまっている

広島の原爆資料館には

一瞬の出来事で
全てがなくなっていった
無残な姿がそこにはある

やっぱりわしにとってキツいのは
原爆資料館の方じゃった

やっぱりアレは

子供の時に学校行事で
原爆資料館を見た

原爆の恐ろしさが
今でもトラウマになっているのかも・・・

 

そして知覧を後にし

奄美の里というところで
広島からうちのスタッフと

YouTubeのわしのアシスタントの
土手香那子も合流して昼食へと

そして
次の目的地までの道中

鹿児島のことも分からないまま
バスガイドをやらし

次の目的地は

桜島が見える
絶景ポイントへ

なかなかここまで綺麗に見える桜島も
珍しいって言われていたdouble exclamation

ココから見た
鹿児島の町並み

まあまあ
想像以上に都会じゃったよ

そして次は

霧島神宮へと

 

そして最後の目的地

霧島ホテルへと

見ての通り
4つの団体しか書かれていない

やっぱりまだまだ
人の流れは戻ってないんじゃな~

なんて思って
ホテルに入ってみたら

なにがなにが

めちゃくちゃ人人人・・・

クソ人がおるけ

結局、企業の団体旅行とかは
逆に難しいけど

今はGOTOキャンペーンで
個人のお客さんは動きまくっているdouble exclamation

まじで、こんなデカいホテルが
こんな平日だというのに

人であふれかえっとったけ

意外に、コロナにも
みんな慣れてきて

コロナにかかるよりも
GOTOキャンペーンのお得さの方が

勝っているのかもしれんね

今回のこのツアーに
わしは社員も連れて行っているので

あれをめちゃくちゃもらったけ

ただしこんなにもらっても

旅行で滞在しているときにしか使えないから

みんな帰りのお土産物売り場とかで
使い切るのに必死にモノを買ってたよ涙double exclamation

恐るべし
GOTOキャンペーン

そして霧島ホテルの夜も

朝2時までコースとなりました

恐るべし

天才ツアーコンダクター

ほんじゃまた

 

 

 

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎