この先が不安でしょうがない

こんな新世界!今までの常識は通用せん!

vol.4623


まじで今年は
忘年会の数が激減してる

毎年12月といえば

同じメンバーとは2回飲まない
毎日違うメンバー忘年会なんじゃけど

今年は
大人数の忘年会は
すべて中止になった

っていうか

広島の繁華街も
12月17日~1月3日まで
自粛要請になっているので

飲める場所がなくなったのも
中止になった要因じゃけどねバッド (下向き矢印)

でも

そうだからと言って
指をくわえて

コロナを怨んでも
何も始まらない

だからこんな
ポジティブな試みが
ニュースになるんよね

あの居酒屋の老舗
養老乃瀧が

ネットの中に
居酒屋を作ったというニュースdouble exclamation

利用者は
養老乃瀧の専用URLから入り

サイト内では
実際の店舗と同じように

6人掛けの部屋が作られていて
みんながしゃべれるような設定になっている

そしてそのテーブルは
移動することも出来る

っと、ココまでは

わしらも先日行った
ビジネスブログアスリート協会の忘年会で

Zoomのブレイクアウトルームという
機能を使ってやったので

真新しくないけど

新しい発想は

養老乃瀧に事前予約すれば
焼き鳥などの料理が
利用者の元に届くというサービス

これは

オンライン飲み会の
難点を考慮した発想

オンラインだと
各自が食べ物や飲み物を用意するから

そこに一体感がなくなるバッド (下向き矢印)

それが参加者全員に
同じモノが届くので

料理の話でも
盛り上がることが出来るグッド (上向き矢印)

そして、食べ物によっては
むしゃむしゃ食べる様子が
下品にもなりがちなので

食べ物は一口サイズに工夫されているdouble exclamation

などなど

新しい取り組みがイッパイ!

多分この養老乃瀧も
これで絶対に成功する!

なんて

コレぽっちも思ってないはず

でもこの状況を
指をくわえてみていても
何も始まらないので

とりあえずはやってみようexclamation

という

走りながら考える戦法じゃろう

このように

成功するかどうかは
今はいったん置いといて

まずはやってみる!

コレしか
このコロナは乗りきれんよ

なんてったって

コロナでこんな世の中になった経験って
世界中で誰も経験したことがないんじゃけ

だから何が正解かどうかも
誰1人分かってないから

だから、チャレンジ

チャレンジしながら
トライ&エラーを繰り返して

ひとつの当たる
サービスが生まれる!

これしかないdouble exclamation

ならば

たとえそれが
バカバカしい企画でも

やってみんことには

当たるか当たらないかは
分からない!

これからは
今までの常識論を取っ払って

ダメ元でやった人だけが
新しい常識を作り出すじゃろう

全てが新世界じゃけ

今までの常識が
何も通用せん世の中じゃけ!

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎