ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

この先が不安でしょうがない

照ノ富士さんから学ぶ、地獄からの這い上がり方!

vol.4483


わしはそんなに
相撲が好きというわけじゃないし

なんか相撲界って

まだまだ古い体制が抜けなくて
外国人の人が日本に来て

日本サイズを注入され
何の疑問も持たずにやっているから
やれている気がする

じゃけ

元々日本で生活してきた子達は
その古い世界になじめず

有名になって活躍する前に
終わっていっている・・・

そんな気がする世界じゃけど

昨日優勝を決めた
照ノ富士さんも

やっぱりモンゴル出身

そんな照ノ富士さんが優勝してから
彼のここまでの苦悩が

色々なテレビで報道されて
わしも初めて知ったんじゃけど

照ノ富士の優勝は
平成27年夏場所以来
およそ5年ぶりです。

(中略)

大関経験者の照ノ富士は
ひざのけがや糖尿病などのため

平成29年の名古屋場所からの10場所中
9場所を休場し

一時は大関から序二段にまで
番付を下げていました

 

そんな苦労をしてきた力士さん

 

初土俵から25場所目での優勝は
年6場所制となった昭和33年以降

幕下付け出しの力士を除いて
歴代3位のスピード記録で

場所後に大関に昇進し
横綱候補として期待されました。

 

こうあるように

キラキラした
相撲人生を歩んでいた矢先

天国から地獄に落ちたバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

相撲界はこんな階級があり

幕内というのが
いわゆる1軍みたいなもんなのかな

それで見ると
序二段って言うのは

テレビで中継されることもない
観客が入るわけでもない

3軍かも

一時はこの階級の
赤い色をした横綱入りするかと言われた人が

ここまで落ちるなんてバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

これを屈辱と言わずして
なんというか?

ただ、世の中には
天国から地獄を味わう人って言うのは

沢山いる

なぜならば

落ちるのは
一瞬だからdouble exclamation

ただ、この照ノ富士さんは

5年という月日をかけて
再度昔いた輝かしい場所に戻ってきた

これがスゴいよね

 

天国から地獄に落ちて
何が一番キツいかというと

落ちた環境にいる
自分を認めれないこと

横綱のすぐ下の
大関という所にいた人が

相撲のすの字も
まだ分かってないような
素人さんがイッパイいる所に落ちて

なんなら
落ちている間にも

同じ序二段にいた人が
どんどんと上に上がっていくのを
目の当たりにしたはず

 

落ちるのは一瞬じゃけど

その落ちた環境下で
どういうモチベーションでいるか・・・

通常なら昔の杵柄を捨てられず
環境になじめないのが普通

なんで俺が
こんなヤツらと同じ飯を食わんといけんのんやむかっ (怒り)むかっ (怒り)

おれは大関までやった男でどんっ (衝撃)どんっ (衝撃)

ってな感じで

自分がそこに落ちた事を
認めるまでが一苦労する

人生踏み外して
下に落ちるとは

こういう事なんよね

 

もう昔の自分じゃないんだ!

と言うことを
自分自身で認める

これができない限り
どんどんとふがいない自分を
自分自身で攻めるようになって

最後は自ら命を落とすバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

と言うことにもなりかねないdouble exclamation

今回の照ノ富士さんのように
5年くらいでまた戻ってこれるって言うのは

めちゃくちゃ早い復活じゃと思う

本来ならば
人生の地獄に落ちてしまうと

再度脚光をを浴びるまでには
まだまだその倍くらいはかかるものexclamation

じゃけ、この照ノ富士さんは
相当な努力をしたに違いない

わしも昔は

どん底上状態にいる自分を
認めれんかったけぇね

わしが悪いんじゃなく
時代が悪いとか
仕入れ先が悪いとか

色々と外部環境に
責任をなすりつけとったけぇね

しかも他に儲けとる奴をみると

なんであんな奴が儲かるんや

絶対にアイツもすぐに落ちる!
頼むから落ちてくれ!

って願ったりもしていた

なぜそんな
しょうもない見栄を張ったかというと

全ては人の目!

人から

地獄に落ちた人!

というレッテルを貼られ
そういう目で見られるのが

一番怖い

だから
いつまで経っても自分自身で
認めることが出来んのんですよ

 

だから、人生なんて
いつ何があって

急転直下で
天国から地獄行きの
切符をもらうか分からない

でもその時に

早く地獄の環境になじむことdouble exclamation

意外にも
赤の他人って

人に興味ないけぇね!

じゃけ、地獄に落ちた瞬間は
色入と言われるけど

それもすぐに忘れ去られる

まぁ~なんと言っても
今の現代社会は

色々な問題が
次から次へと起こっているから

いちいちアナタの事なんて
気にしている暇がないんよdouble exclamation

じゃけ、地獄に落ちたら

まずはその環境に慣れる

そして自分自身で
落ちた自分を認めてやる

どう認めるかというと

わしは最終的に
もう一度上に上がる人間

ただ、綺麗に上がっても
誰の心にも感動を与えれないから

神様がこういう試練をくれただけ

さぁ~!
いつ上がっていこうかな

その為には

今のこの地獄の期間を
ちゃんと全うする方が

上に上がった時の美談になるから!

これくらいの気の持ちようが大事よdouble exclamation

なので

今が地獄にいると思う方は

早く地獄にいることを認めて

地獄生活を
逃げも隠れもせずに全うすることが

上がった時に面白い話が出来るけぇねdouble exclamation

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎