日々の中での大切な気付き

チャレンジすると思わぬ副産物が手に入る

vol.4769


何事もチャレンジ

って言うけど

チャレンジするときって
必ず出来ない理由が頭をよぎる

でも頭で出来ないと思っても
頭で想像も出来なかった

やって良かったdouble exclamation

と言う副産物があるのも事実

頭で想像することを大事にするか

頭で想像できなかった副産物を大事にするか

今日はそんなお話し!

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2021年6月5日(土)号
行ってみよう!

人間って
たくましいな~

って思う

先日出勤前に
めざましテレビが付いていて

その中で
こんなニュースをやっていた

飲食店さんが

この緊急事態宣言により
お店を開けれなくなったから

みんなテイクアウトに走った

なので

去年一年間で
どれだけのテイクアウト需要が増えたか??

だから今は
テイクアウトをやっても

競合他社もいっぱい出てきたから

その中で勝ち残っていくのも
これはこれで一苦労するんじゃろうバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

しかも

デリバリーする
色々な業者に

20%とか30%の
手数料を持って行かれるんじゃけ

 

なんか

わしら消費者の感覚も
麻痺してきているのか分からないけど

去年の4月くらいの時の
デリバリーは

お店のテイクアウトの金額は
お店で食べるのと同じくらいで

デリバリー配送料が

1回につき300円とか400円とか
かかっていたので

デリバリーを頼むのは
ぼったくられたようで
嫌じゃったんじゃけど

ここ最近は

配送料が商品代の中に組み込まれて

普通にランチのデリバリー頼んだら

1,000円で買えるものなんか
ほとんどないよね

じゃけ、4人分とか頼んだら

軽く5,000円は超えてしまう

 

これって冷静に考えたら
高い昼飯よね~~~

そう思うんじゃけど

 

もう時代は

デリバリーじゃなくて

リアカーの時代に入っている

 

この店の人が言っていたけど

デリバリーの需要も減ってきて
イートインの客足も戻らない

ならば

自分たちで
売りに出かけようdouble exclamation

ということらしい

店で商品を作っている人達も
実際に売りに出ていくと

直接お客さんと話しするようになって

それが一番勉強になっている

そんな話しをされていた

まぁ~

実際にリアカーで販売をして
それがいくらになるのかと言えば

たいしたことはないと思うけど

実際にリアカーを押して
体力も使って

リアカーを押して回る事への
恥ずかしさも乗り越えて

最終的には
それを買いに来てくれたお客様と

直接色々な話しをする

これって
食事を作っている職人さんには

店にいると
絶対に感じられない体験じゃと思う

ということは

リヤカーを引いて
販売した売上の

何倍もの得るものがあるに違いないdouble exclamation

 

でも人間は

出来ない理由製造工場の工場長
なので

こういう案が出ても

リアカー引いて
なんぼ売れるんや?

そんな事して
うちのブランドが下がるじゃないか!

みたいな

出来ない理由を
並び立てるのが

一般的

 

でも実際にやっみると

売上には表れない
金に換えれない

体験

これを味わえて

結果それが
次の仕事に活かせれる

良い勉強になるはずdouble exclamation

 

そう考えたら

頭で考えるんじゃなく
身体で感じる事って

大事じゃって事じゃね

 

なので

こんなコロナ禍で
色々な常識がご破算になったんじゃけ

頭で考えるんじゃなく

身体で感じる!

こうやって
新しいものを見つけるのがいいね

ということで今日は

船の免許の更新日が近いので
2級から1級にアップグレードしようと

丸々2日間の講習を受けています

別に船なんか
乗ることもないんじゃけど

まぁ~これも

頭で考えるんじゃなく
身体で考えるためになんじゃけど

ただ、講習受けに来たら

わしと、一緒に連れてきた後輩の
2人しかいないので

なんの新しい体験も
ありそうにないんじゃけど・・・・

 

そう思っていたら

隣の教室で
2級免許の講習をやってる部屋から

こんなヤツらが出てきた

ビックリdouble exclamation

コロナになって
最近儲けているんだろう

会社で船でも買うか!

って上層部で

アホ社長まっしぐらなことを
考えとるんだろうな(^^)

 

ほんじゃまた

 

 

 

 


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った経営者を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎