日々の中での大切な気付き

天才に給料1億円払う会社

vol.3637


4月に入り
大手には新入社員が入社し

気分一新スタートした感じですね

fefc38d9ab39599c0e7faffec4d1820e_s

でも、わしら
中小零細弱小家業では

4月に入ったからと言って
何か変わった感じは・・・

一切ないけど

多少大きな会社では
フレッシュな新入社員が入社して

新しい雰囲気になっているんじゃろう絵文字-顔 (8)

 

でもそんな新入社員さんたちも
環境がガラッと変わるので
5月のお連休が最大の難関かもね絵文字-顔 (7)

今日も朝のテレビで
街角インタビューみたいな感じで

今年新入社員として入った人に
インタビューしていたけど

女性泣く

何が辛いって
早寝早起きしないといけないというリズム

学生の時の
自堕落な生活がいい!

たぶんこの会社辞めます

ってはっきりと口にしてたら

それをインタビューした
きっと若いADさんじゃと思うけど

そのADさんが

えっ!
まだ入社2日ですよね絵文字-気持ち (21)

って驚いてた

 

まぁまぁ~
そんなもんかもね

でもそれが

わしらの計り知れない
でっかい会社になると

こういう自堕落な社員は
全く必要ない絵文字-気持ち (19)

本当にできる人財だけを
かっさらっていこうとしている絵文字-矢印3

7afa8987628d463171e984aea321858d

あのアパレル通販サイト最大手の
ゾゾタウンは

高度な技術を擁する技術者を

年収1億円で採用するらしい

売上1億円じゃなくて
給料1億円じゃけぇね絵文字-気持ち (21)

 

まぁ~考えれば
理にかなった戦略なんよね

求人広告に莫大に金かけて
採用面接から試験に
相当な時間をかけて

それでやっと採用しても
使えない可能性もあるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そんな面倒なことに
お金も時間も労力をかけるより

ピンポイントに

天才に金払った方がいい

ということ

しかも今までは
求人を募集するのに

金払って媒体に出していたのに

今回のこの発表

こうやって天下の日本経済新聞に
デカデカと記事として乗るわけじゃけ

それだけで考えても
いくらの広告費と換算されるか絵文字-記号 (9)

この記事
日本経済新聞だけじゃなかったけぇね

そう考えると
ゾゾタウンはこの記事だけで
十分元とっとるよね

 

あぁ~あ

大手のやることはエグいの

 

それとは引き換えに
わしら中小零細弱小家業は

前出の子のように

規則正しい生活をするのが辛いから
きっとやめると思います~~

こんなアホなことを
平気で言ってしまうような子を
採用していかんとしょいうがないんよね絵文字-気持ち

 

わしらの会社には

ゾゾタウンのような
将来性は持ってもらえてないバッド (下向き矢印)

じゃけ、わしらは
こういう子たちを入れて

教育していくしかないんよdouble exclamation

 

もうね

そこは

子育てと同じじゃと思わんと
やって行かれんよ

親はどういう
育て方してきたんや!!!

ってイライラすることばかりじゃけど

わしも昔は
50人近く雇ととったけ

教育が大変じゃったあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

まずは敬語から
教えんといけんかったもんな~~

昔、初めての面接に来た子が
面接室から出ていくとき

さいなら~

って出ていったときは
もう、びっくりを超えとったけ!

 

わしら中小零細にはそもそも
いい人財なんて入らんのんじゃけdouble exclamation

そりゃしょうがない話で

いい人財を
向こうから志望してもらおうと思ったら

こっちがいい会社になっておかないと
いけんという話よねdouble exclamation

じゃけ

わしら中小零細弱小家業は

根気よく育てんといけんdouble exclamation

いい人財を入れるんじゃなく

ポンコツを入れて
いい人財に仕上げるしかないdouble exclamation

 

って偉そうに書きながら

わしもずっと人が欲しいって言っているのに
全然求人が出来とたんところを見ると

うちの会社に
将来像が見えんのんかもね・・・絵文字-気持ち (12)

 

まぁ~この先も

俗にいういい人財は
大手に取られていくんじゃけ

磨けば光るような原石を見つけて
育てるしかないよね~

 

あっ!

そう言えば

まだわしのラジオ番組の
facebbokページに

いいねを押してない方は
今すぐポチッとやってね

毎回、破天荒な人生のゲストが
今までどこでも話してないような話を

ぶっちゃけてくれますのでdouble exclamation

人の人生を聞いて
我がふり直してくださいね

全国どこでも聞けますので絵文字-矢印3絵文字-矢印3絵文字-矢印3

広島の経営者に
愛を込めてダメ出しする
トーク番組

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎