ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

儲かっていない経営者の共通項

貯金しても使ったらなくなるよ!貯めるのはお金じゃなくコレね!

vol.4266


年末も慌ただしくなってきたけど

わしらがガキの頃のような
大晦日とかお正月といったムードは

ここ最近は
一切なくなったね

まぁ~

これだけ大晦日も元旦も
多くの店が開いていたら

いつものお休みの日と
何ら変わらんように感じるもんね

そんな中

こんな記事が
今日の日経新聞に

えええええっ?

まだ続いとったんこの問題double exclamation

って感じ

まぁ~これで

このオーナーさんも
晴れてセブンから解放されるんじゃけ

これから
自分の想うような
お店が出来るんじゃけ

オールオッケーじゃない

でもここでもまた

一方的な
メディアの報道に

わしら一般人は
振り回されるんよね

メディア的には
このオーナーの主張を取り上げ

いちフランチャイズオーナーが
あの巨大艦隊のセブンにかみついたどんっ (衝撃)どんっ (衝撃)

その図式が
一番注目を集めるので

このオーナーサイドの主張を
取り上げるようになると

わしら世論は

やっぱりセブンイレブンが
あそこまで大きくなるのには

フランチャイズをいじめんと
おそこまで大きくはならんよね~~

となって盛り上がる

 

でも!

でもでも!

 

もめ事には必ず

双方が存在する

ということは
セブンイレブン側にも言い分があるはず

それが今日の記事には載っていた

このオーナーさん

お客さんに対しての接客態度が
あまりにもなっていないからと

本部に苦情がめちゃくちゃ入っていると
セブンイレブン側が発表している

セブンによると
東大阪南上小阪店には

2012年4月~19年10月に
来店客らから

計336件の苦情が寄せられた。

また松本さんがツイッター上で
セブンの中傷をくり返しているとし
「信用を著しく低下させる状況が続いている」と主張。

信頼回復に向けた措置がなければ
31日付で契約を解除するとした。

 

7年間で336件のクレームって

月に40回くらいの
本部へのクレームって

それって多過ぎじゃろdouble exclamation

確かにおるよね

めちゃくちゃ横柄な
年くったレジを打っているおっさん

あれって
きっとオーナーじゃろうね

ああいうコンビニのオーナーって

元々が自分の土地があって
そこでやっている人が多いんじゃろう

じゃけ

元々が金持ちじゃけ
末端ユーザーと
ふれあうとか

今までしてなかったんじゃろうね

それがコンビニのオーナーになって
人が足りないから自分もレジに入る

でもそんな接客したことないから
横柄な接客になってしまい

それがクレームになるdouble exclamation

そんな図式じゃろう

まぁ~

この問題は

コンビニのこれからのあり方に対して
一石投じたのは間違いないけ

そこの貢献度は認めた上で

後はセブンと契約破棄して
自分でやりたいお店したらええじゃん!

自分の都合のいい日に
何日でも休める

そんなお店が作れるよdouble exclamation

 

でもまぁ~

この問題の
一番の争点は

お互いの信頼関係
それぞれの信用度

これの欠如

これ以外にないよねdouble exclamation

結局、お金っていうのは
自分の信用度を表す

バロメーターみたいなもんなんよ

じゃけ、その人とか
その商品に

絶対的な信用度があれば
そこには金があつまるんよね

今なんて

クラウドファンディング

なんていう

その商品にかける思いや
その人の人柄に

金が集まる時代double exclamation

じゃけ

何が言いたいかというと

金儲けに目の色変える前に

目の前のお客さんとの
信頼関係作ることを考えたら

気がついたときには
お金がいっぱい付いてきた!

っていうことよ

まずは

信用の貯金をいくら出来るか

2020年
貯金額を見てワクワクするんじゃなく

信用貯金をして
周りをワクワクさせようね!

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も10年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎