ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

ネガティブ思考の方へ

おんまく寿司も塚田農場もトップの決断がすごい!

vol.4396


ちょっとまだ知らない人も
いるかも知れないけど

愛媛や岡山や広島の人には
驚くニュースが飛び込んできたよ

この3県で展開していた
回転寿司屋さんのおんまく寿司が

5月7日(木)で全店を閉店したという

広島の人は
ここに行ったことがない人の方が少ないと思うくらい

そんな人気のお店じゃった

まずもって
日曜日とかは1時間くらい待つなんてざら

そんな繁盛店でも
コロナには勝てんかったということかバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

まぁ~どこの店舗も
全てが馬鹿デカいお店ばかりで

家賃も相当高いじゃろうし

なんと言っても
スタッフの数も相当いたexclamation

そう考えると
こういうデカいお店は

売り上げる時も
馬鹿デカいけど

下がる時も馬鹿デカいと言うことか

わしの大好きなニュースピックスに
こういうデータも載っていた

大手飲食店チェーンの
1月2月3月の売上推移

これはあくまでも
昨年対比になっているので

直接的な売上のグラフじゃないけど

塚田農場なんて
3月は52%も落ちている

もうこうなったら
出ていく経費の金額は

半端ないものじゃろう

そこで、塚田農場の
社長さんのインタビュー特集がされていた

49歳だって!

若い社長さんなんじゃねdouble exclamation

 

そんな社長さんが取った策は

お店を閉めるという事じゃなく
本社機能を解体するという決断

本社機能で
22億円というお金が必要だったのを

解体することによって
12億くらいに圧縮できると

じゃ、本社機能はどうするのか

それは、採算の悪い都内のお店を閉めて
そこを本社として動かすらしい

そして本社にいたスタッフの多くも
現場に送り込むらしい

だって

今回のおんまく寿司も
この塚田農場も

コロナに相当
痛めつけられた人達なんじゃけど

わしがすごいと思うのは

どちらの経営者も
決断が男らしいところ

未練タラタラで
ウジウジしてないところdouble exclamation

スパッと決断している

おんまく寿司だって
本当の内情までは分からんけど

きっと儲かってたはず

んんんん~~~どうかな

スタッフもくっそおったけ
経費がかかり過ぎとったかもしれんけど

それにしても
全然ダメな店じゃなかったはずdouble exclamation

そんなお店を閉めるという決断

アナタなら出来ますか?

もう一度これだけのお店を作ろうと思ったら
またいくら金がかかるか・・・

今来ている客が
他の店に取られてしまう・・・

おんまく寿司もダメじゃったんじゃ
という風評被害・・・

などなど

言い出したらきりがないバッド (下向き矢印)

それくらいスパットは
決断できんと思う

 

塚田農場だって

 

内装の解体に3000万円
あとは6カ月分の家賃も払う必要がありますが

3月中旬の時点で
本社が入るビルのオーナーと話して
出て行くことを伝えました。

 

と、書いてある

せっかく作った
カッチョいい本社じゃったに違いないdouble exclamation

それを3000万もかけて
解体もせんといけん

ちょっと涙が出てくるくらい
やりたくない決断よね

でも今は

それくらい痛みを伴う決断をせんと
乗り越えれんと言うことなんよ

今、うちの塾生さんの中でも

経営状態がそんなに良くないけど
今回のコロナ融資で

何百万も融資が実行されている人がいる

本人はうれしそうに言ってくるけど
わしは全然うれしくない

なぜなら

その今回借りたお金が
また重い鎖となって足についた訳で

きっと1年後、2年後には
終了するのが見えているからバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

だから声を大にして言いたい

融資を成功させて
ドンドンと入れるばっかりじゃなく

出て行くマイナスに
フタをするという事に
着手せんと

せっかく借りたお金も

その出て行く穴から
ダダ漏れして出て行く・・・

そうならないためにも

今回のおんまく寿司や
塚田農場の社長さんの考えを

参考にしようね

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も10年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎