ブログに関して

アメブロとFacebookの関係性が悪い理由!

vol.4570


アメブロとFacebookの連携が
数日前から上手くいってないみたいですね

これは

iPhoneでFacebookを開いて
そこに乗っているアメブロに飛ぼうとしたら

自分のアメブロのアプリが立ち上がってしまう

と言う現象

これは
使っている携帯がiPhoneで

アメブロのアプロを
インストールしている人だけに起きているdouble exclamation

なので

iPhoneを使っていても
アメブロのアプリを
インストールしてない人は

全く不具合は起きないexclamation

そんな現象

 

これに対して
うちの生徒さんからも

開けない!

開けない!

っとバタバタしていたので

 

アメブロの会社に
直接メッセージを入れてみると

こう返ってきた

 

Amebaカスタマーサービスです。
ご案内までにお時間をいただいており
申し訳ございません。

お問い合わせいただいております

Facebookにシェアした
シェアされた記事を閲覧した際

Amebaアプリが起動しても
記事ページにアクセスができない
事象については

原因の特定が完了し
現在修正に向けた準備を進めている状態です。

なお、今後リリース予定の
最新版Amebaアプリにて
修正版を提供していく所存でございます。

提供開始次第、折り返しご連絡いたしますので
ご不便をおかけし申し訳ございませんが
修正完了まで今しばらくお待ちいただきますよう
お願い申し上げます。

 

 

という事じゃった

これは
アメブロがバージョンアップをしたことによる
不具合が出たんじゃろう

つい何日か前に
こんなアメブロのブログが更新されていたから

アメーバスタッフ『投稿設定ページがリリースされました』
 いつもAmebaをご利用いただき誠にありがとうございます。Amebaブログの大西です。 アメーバスタッフ『【事前のお知らせ】投稿時の各種設定がまとめてできる…

っと、ここまで
大きな組織になり

多くの人を巻き込んでいる会社は

ちょっとのミスが
命取りになることもある

ただ、この
アメブロというサービスは

サイバーエージェントという会社が
無料で提供しているサービスじゃけ

わしらのような利用者が
こんな事が起こっても

文句を言う筋合いもない

だからそこまで
大きな問題にならんかったけど

これが有料のサービスじゃったら

それなりの謝罪もせんといけんし

多額のお金がかかっても
すぐに対処せんといけんという

予期せぬ事態になっていたはず

こう考えると

多額のお客さんを抱えてしまうと
こういう不測の事態になったときに

死活問題になるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

じゃけ

わしら中小零細弱小家業は

少ないお客様と
キチッとした身内関係を作って

何か問題が起きたときでも
直接謝って許してもらえる

そんな関係を作って

売り手と買い手の
強い関係性を作る

全顧客身内化メソッド

これを作る必要があるよ

 

ほんじゃまた

 

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎