儲かっていない経営者の共通項

常に満席にするためには、貯めるしかない!

vol.3606


今日は日曜日なので
ゆるネタですけど

我らが広島東洋カープ

今年こそ日本一になろう!

と広島市民が願っている

 

そして、先日の3月1日
カープ観戦チケットの売り出しが始まったdouble exclamation

 

っが、しかし絵文字-気持ち (21)

カープが大人気すぎて
なかなかチケットが取れない状態絵文字-気持ち (22)

 

広島じゃない人には
なかなか分かってもらえないかもしれないけど

このカープの球場は

もう野球場じゃない

本当に

ボールパーク

という言葉がぴったり

 

野球を見に行く!

っていう感覚じゃなく

遊びに行く!

って感覚がぴったりねdouble exclamation

 

これは『砂かぶり席』といって
グランドと目線が一緒になる席や絵文字-矢印3

ssk

 

『スカイシート』といって
数名でテーブルを囲みながら見れるシートや絵文字-矢印3

t

 

『エバラシート』といって

焼き肉のタレで有名なエバラがスポンサーとなった
バーベキューができるシート絵文字-矢印3

bt

なかなかほかの球場では味わえない
楽しい球場となっているけど

ただ、3月1日ですでにこのありさま絵文字-矢印3

e93ea5cd9c0509336629be6c794bca9f

すごくない?

シーズンオフになる
ギリギリまで完売よdouble exclamation

最後は、雨で中止になった試合の
振替試合のチケットを取るしかない!

そんな状態

 

で、わしの知り合いたちが
全然チケットが取れんかったけ

わしに何人も電話してきた電話

 

たまたまわしの知り合いが
球団のチケット担当しているので

つい2,3年前までは

最後の消化試合とかのチケットは
よく回ってきたけど

もう今のこの人気ぶりでは
消化試合すら回ってこない状態double exclamation

そんな球団職員の彼に

dummy

これだけ売れれば
仕事も楽じゃろ!

って言ったら

男性泣く

何言ってるんですか

昔よりも
今のほうが大変なんですよ

なんてったって

毎日頭を下げて
謝っているような状況ですからね・・・

チケットがないって
謝るのが仕事になっているから・・・

 

って・・・

 

そう言われれば
そうかもしれんね・・・

 

でも、そんな球場も

カープが強くなったdouble exclamation
というのもあるけど

カープの人気に
おんぶにだっこじゃないのがすごい絵文字-気持ち (19)

 

そのすごさが
今日の新聞にも載っていたけど

この球場も
すでに9年目になる

形あるものは
どうしても古くなっていく

そしてどんどんと衰退していくものバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

でもこの球場は

毎年のように
新しい席を増やしている絵文字-気持ち (20)

 

今年は

インスタ映えを意識した
オブジェデッキや

キャンプ気分を味わえる
アウトドアデッキ

などが新設されるみたい絵文字-矢印3

 

n026-03

 

そんな記事が新聞に出ていた絵文字-矢印3

6a72bbdea15629b75e5f61691f0dd04d

 

やっぱり形あるものは

飽きられたらおしまい

だから、常にリフレッシュする必要があるdouble exclamation

だから、わしら
中小零細弱小家業でも

このリフレッシュを怠ると
確実に飽きられる

 

で、肝心なのは

当然お客さんからも飽きられるけど

リフレッシュをしなければ
一番飽きてくるのは

スタッフね!

 

なので

お店を持って商売をしている人は

少なくとも

10年に1回

できれば

5年に1回

お店の改装などしていかないと

スタッフの士気も上がってこんよね

 

で、その時に大事なのは

店の改装をしたくても
銀行から金が借りれなかったらできないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

だから、ずっと古いままのお店で運営する絵文字-顔 (7)

すると

お客にもスタッフにも飽きられ
皆いなくなっていくバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

わしも過去に
金がなくて改装もできなく困ったことがあった

わしの場合は

うまく人脈も使って
乗り切っていたけど

でも、お店をやっている人は

確実に、店内改装は
やっていかんといけんことなんじゃけ

それに備えて

改装費用を毎月貯める!

これをせんと駄目よ絵文字-気持ち (19)

 

中小零細弱小家業の社長は

儲けたお金は
全部使ってしまうけ

そんなどんぶり勘定じゃけ

常に銀行の言いなりになるんよ!

 

ええ!

絶対にかかるお金を考えて

とにもかくにも

貯める!

これしかないよ

 

ちなみに

消費税

これは儲かろうが儲かるまいが
必ず支払わさせられるので

確実に貯める

これをせんと確実につぶれるよdouble exclamation

税金の滞納督促が
一番きついけぇね!

 

ええ!

もう一回言っとくよdouble exclamation

 

確実にかかる費用は

借りるんじゃなく

自己資金を貯める

 

これよdouble exclamation

 

最後は

全然ゆるネタじゃなくなったね

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎