ブログに関して

楽天がいやなら辞めるしかないよね

vol.4290


最近はホンマに
小銭を使うことが少なくなったね

っていうよりも

支払いするときに
財布すら出さなくなってきた

わしが一番よく使っているのは

スイカとedyと

ここ最近は

セブンイレブンで使える
nanacoは一切使わなくなったな

そのなかでも
圧倒的に使っているのは

paypayかな

うちの会社でも
セミナー代金等を

paypayで払えるようにと導入した

完璧に孫正義さんに
金玉握られた感じじゃけど・・・

つい先日までは

色々なpayがしのぎを削っていたけど

結局はpaypayの
独り勝ちのような感じになった

でも、ここまで
金玉握られてしまうと

今はええけど

この先、いろいろな条件が変わったら
どうなっていくんじゃろうか・・・

そんな予感を
国もこう見ている

経済産業省がやっている

キャッシュレス・ポイント還元事業

これが6月末に終了する

今はキャッシュレスにしたほうがお得だ!

という事を
国を挙げてやっているけど

これはインフラが整備されるまでの
先行投資であって

インフラが整備されたら

そこからじっくりと
回収させてもらいますよdouble exclamation

って言う事

じゃけ、paypayを導入している事業所も

今は手数料とかもなく
使えているサービスも

この先どうなるか分からないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そう考えると
便利だからと

ドップリとはまってしまうと

今回の楽天の
送料無料の一件と同じようなことが起こる

楽天サイドは
送料を無料にすれば
買い物金額が上がり

最終的には
出店社さんに利益が還元できるdouble exclamation

そう主張しているけど

その送料は
全部出店社さん持ち

これこそ
三木谷さんに金玉握られたケースね

 

こんな感じで

ビジネスのインフラを
他社に依存してしまったら

こういう事にもなりかねない

そうなって
経費ばかりがかさむようになったら

倒産

この二文字がちらついてくる

そうならない為には
どうすればいいのか?

その為には

おんぶにだっこ状態じゃなく
自社でマーケットを持っておく必要がある

 

中小零細弱小家業が儲からないのは

自社で努力することもせず

かといって

大手が提供している
お金のかかる
優良なサービスに一切手を付けず

常に無料のサービスだけに飛びつくexclamation

そりゃ

食い物にされるよね・・・

自社で努力もせず
常に他人様に食わしてもらおうとすると

それは奴隷になっていくよね

じゃけ、中小零細弱小家業は

自社で努力することが大切なんよ

 

努力って何か?

 

そりゃ、世の中に

ここにこんないい商品やサービスがありますよ!

っと、アピールをし続ける事double exclamation

 

世の中の中小零細弱小家業は

いい商品やサービス持っているのに
それが全然売れてない!

それはモノが悪くて
売れてないんじゃなくて

そこにそんな良いモノがあるという事を

一般のお客さんが
知らないだけなんですよdouble exclamation

モノが悪いんじゃなく
みんなに知られていないだけ

 

先日、リボーンアワード関係者の
お疲れさん会をやったけど

その時に

岡山の美容師さんの
リオスの中井さんが言ってた

先日、髪を切るだけに
沖縄からお客様が
ブログ経由で来てくれたんです!

ってね

沖縄から岡山にですよ

『中井麻由は今年も走り抜けると言う話。』
■中井麻由■・岡山市北区 LIOS オーナー全国各地からブログを見て、ご指名を頂いています※どこに行っても、納得ができなかった※自分に似合う髪型が、いまだにわ…

 

いい商品やサービスが
それを本当に欲しいと思っている人なら

こんなことになるんでexclamation

じゃけ、わしゃ
声を大にして言いたい

発信する事の努力をしんさい!

毎日毎日ブログを発信するくらいせんと

今のこの厳しい世の中は
乗り越えていかれんよdouble exclamation

そんなことを
昨日も札幌で熱く語った

そして札幌を後にして

今日はお隣の県

青森県八戸市で
ブログテクニックセミナーなんじゃけど

お隣の県に行くのに
5時間も電車に揺られんといけんなんて・・・・

広島から5時間強もあったら
福島県まで行けるけぇね・・・

そんなことを
ぶつくさ言っていたら

大自然が大きく包み込んでくれた

じゃ、今日も頑張って
熱弁振るってきますね!

 

ほんじゃまた

 

 

 


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎