日々の中での大切な気付き

自分がコロナに感染したことを想定してシミュレーションしてみたら・・・ビックリ!

vol.4496


明日から
お盆休みも明けて
通常の日常が戻るけど

明日は休み明けだから
明後日にはメディアが
こぞって報道するじゃろう

東京都で新たに何人感染確認

みたいな報道が

 

もうね

これだけ毎日のように
何人、何人って言われ続けると

この上の新聞記事の
385人ですら

多いのか少ないのかも
麻痺してきているのが事実

じゃけ

軽く考えてしまうんじゃろう

実際にわしも
このコロナのことを

インフルエンザとたいして変わらない

インフルエンザと違うのは
薬があるかないかだけの違いdouble exclamation

それくらいにしか
とらえてないけども

昨日ちょっと喉が痛くて
風邪の前兆かなとか思っていたんじゃけど

昨日ちょっと考えたんよ

これがもしコロナ感染じゃったら・・・

って

もしわしがPCR検査を受けて
バリバリの陽性じゃったら

まず、わしは会社にも出れんくなる

しかもスタッフ達も
感染の疑いで出れなくなる

そうするとどうなるじゃろう

この毎日更新ブログは
指が動く以上毎日書ける

あとは社内会議は
全員が自宅待機になっても出来る

あと、サプリの方の会社の
出荷作業とかは

倉庫・出荷は
他の会社に委託しているので

伝票作業だけ出来れば
それもなんとか出来る

ただ

うちの会社の心臓部である
セミナー活動が全て終了する

つまり

わしが動いて売上にしている
全てのモノがストップする

これが全てストップしたらどうなる

年商で言ったら
かなりの売上がストップすることになるバッド (下向き矢印)

あっ

今年の4月1日から
これまた毎日更新を続けている
YouTubeも収録が出来ずにストップしてしまう

そういえば
昨日のYouTubeに

わしが毎日ブログを書いたり
毎日YouTubeを撮影したりして

どういう世界観を作ろうとしているか
これを収録をしたYouTube

見てみて

このYouTubeも
4ヶ月以上も毎日更新してきた

この努力も止まってしまう・・・バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そして

感染判明から2週間くらいさかのぼって
わしが関わった人達にも迷惑がかかる

そんなことを考えると

たかだか風邪じゃとは思うけど

今の世間体的には
そうはいかないバッド (下向き矢印)

だから

もしコロナにかかってしまったら
代償は大きなものになりかねない

そう考えると

コロナにかかるのが怖いんじゃなく

コロナによって
今まで普通に出来ていたことが
ストップしてしまって

売上にも響いてしまい

結果、周りの人達に
大きな迷惑をかけてしまうことになるのが

一番怖いdouble exclamationdouble exclamation

 

これはわしだけの話じゃなく

エースで4番をやっている人たちには
みんな同じ事が言える

これが監督だけをやっている
ちゃんと組織が出来上がって
社長業だけやっている人は

社長が2週間くらい
自宅療養していても

会社はちゃんと回ってくれるけ

仮にコロナになっても
売上に響いたりせんけど

1人で会社をやっていたり
エースで4番をやっている会社は

社長が倒れたら
売上もそれに比例する

1人で直接お客様と触れあうような

美容業やエステサロン
リラクゼーションサロン
ネイルサロン
まつエクサロン・・・etc

などは

もしコロナに感染したら
当然のごとく完治するまでは仕事も出来ない

当然その間の売上もなくなる

でも、完治して再開すれば
前のようにお客さんが戻ってくれるdouble exclamation

かと思いきや

世の中の人達は
一度コロナにかかった人のところに

今まで通りの感覚じゃ
通ってくれんような気がするよねバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

もう完治したと言っていたけど

一度感染した人のところに
わざわざ行く必要がある?

ってな感じで

こればっかりは
わしの知り合いで感染した人がいないから

感染後のその後の
周りの反応が聞けてないので
なんとも言えないけど

なんとなく
そんな気がする

そう考えると

まじでコロナに感染してしまうと

失うモノが大きいような気がするバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

だからといって
敏感に神経質になって

コロナ対策する必要はないと思うけど

不急不要な事まで
せんでもええような気がする

そんなネガティブな事を考えてしまったけど

ここは

コロナにかからない行動を取る

というのが
一番ポジティブな考えかもしれん!

なので本来なら
明日から名古屋出張で

ブログセミナー80期生@名古屋

このメンバーの
365日毎日更新の達成会でしたが

なくなくオンラインで
行うこととなりました

このメンバーの中には
エースで4番がいっぱいじゃけ

これが賢明の策でしょう!

明日はオンラインだけど
365日毎日更新をお祝いしましょうね!

 

そんな

コロナにかかったあとの諸々を考えた
お盆休み最終日でした

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎