新しい自分に生まれ変わるヒント

今までの常識を覆すにはコロナを逆手に取る!

vol.4603


今年はこのコロナによって
本当に色々と痛めつけられ

それをネガティブにとらえていても
なんの進展もないので

みんな色々と
知恵を出しているdouble exclamation

なので、このコロナを
真正面から見ると

たいへんな年になったと
そういう悲観的な見方しかないけど

違う側面で見ると

今までの常識を
覆すためのチャレンジが出来た年

とも言える

これなんかもそうじゃん

年末年始の神社の参拝客が
どっと押し寄せてしまったら

三密どころの話しじゃなくなる

でも初詣は
今までの常識だと

正月三が日にするもの

という常識があるexclamation

だから
そこを三密と言われても

期間が決まっているんだから
やる方法と言えば

入場制限をしながら
初詣客を迎えるくらいしかないexclamation

でも、そこが
今までの常識であって

正月三が日しか出来ない

ここを疑えば
何ら問題がなくなってくる

そこで出たのが

幸先詣

一足早い参拝を!!

なんだって

学問の神様の
防府天満宮では

予祝詣

なんだって

確かに初詣というくらいじゃけ
一年の初めにお参りする

そんな感じじゃけど

幸先詣や予祝詣という
ネーミングになってしまうと

一足早く行く方が
ええような気がしてくる

そして今日は
12月1日なんで

毎月一日の
朔日参りをしてきたんじゃけど

わしがいつもお参りしている神社にも

幸先詣が掲げられとったdouble exclamation

ただ

初詣が正月三が日は
めちゃくちゃ混み合うから

それを避けるために
幸先詣にしませんか

って

コロナもないも無いときに提案したら

この神社
舐めとるわむかっ (怒り)むかっ (怒り)

ってなると思うけど

今のこの状況だからこそ
これが新しい形として
受け入れられるんよ

ということは

今まで国も
何度も何とかしようと試みた

大型連休に人が動く
それによる大渋滞とか

この際じゃけ
新しい常識を作って

分散が出来れば

コロナによって
新常識が出来上がった

コロナに感謝double exclamation

ってなれるんじゃない!

 

今までの常識を覆すには
このコロナを逆手に取る

これが良いかもね!

わしらも
どうしてもクリアできなかった
今までの常識を

コロナ理由に
覆してみたらどうかな

わしらセミナー講師なんかは

オンラインによって
確実に今までの常識は変わったけぇねdouble exclamation

そんな感じで
今までのどうにもならなかった

そんな常識

覆す、言いチャンスにした方が良いよ

 

ほんじゃまた

 

 


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎