ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

全顧客身内化実践会

うちの会社を支える【弊社の本業】とは

vol.3857

昨日はわしの本業でもある

全顧客身内化実践会じゃった絵文字-矢印3

20181110_085947.jpg

この会も昨日で

122回目の開催

かれこれ10年以上も続いている

こうやって振り返ると

わしって意外に
コツコツと頑張れるじゃん絵文字-顔 (8)

って思ってしまうけど

この【全顧客身内化実践会】とは

読んで字のごとく

すべてのお客様と
身内的関係を作る

ということを実践する会

この会でメインでやっているのが

お客様との関係性を深める
ニュースレターを発行すること

 

10数年前に

ニュースレター(その当時はニューズレターと言っていた)

これを送るとファンが付く

というのを
神田昌典さんが提唱したんだったかな?

とにかく
このレターをお客様に送るといいdouble exclamation

という動きが
どの会社にもあった

ただ、どの会社も続かないバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

それは何故かと言うと

 

8f48696955044fea0f9b012134041797

この病気にかかっているから絵文字-顔 (9)

半年~1年位で
どの会社のニュースレターも止まってしまう

やったら良いとは分かっていても

とにもかくにも
作るのが大変double exclamation

そんな状況を見て

ニュースレター代行業者
みたいのも出回った

これは8割がた完成されているテンプレートに
表紙の挨拶と最後の締めの挨拶だけ書いたら

数ページのニュースレターが出来上がるというもの

そもそもニュースレターとは
企業とお客様との間をつなぐ

ラブレターじゃないといけないのに

そこをテンプレートにして
一人の女性が口説けるわけ無いじゃんdouble exclamationdouble exclamation

それって

ラブレターという形のものを送っただけで
相手には全く伝わらないものになっている

このわしが送るラブレターなのに

received_1795907220473523

私はあなたのことが好きです!

なんて書いてあっても

どう見ても文面が
わしの文章じゃないじゃろdouble exclamation

received_1789954987735413

わしゃ~いっぱい遊んできたけど
お前を見た時に全身に電気が走ったけ!!

もうこの感情が押さえれん!!

ぶち好きじゃわ!

こっちのほうが
わしの心の叫びっぽいじゃろdouble exclamation

それなのに
四代疾病にかかっている社長は

自分でやるのは面倒だから
こういうテンプレート業者に金を払って

ニュースレターという
形を送っていた

その当時わしは

フレンチレストランをやっていて
そこでニュースレターを発行していたが絵文字-矢印3

27987784e8c9d956edbd32b43a1d03d0

これがめちゃくちゃ好評で

お客さまとの関係が
この紙面を通じて

身内的関係性が作れていた

そしてそれを見た
わしの知り合いの社長さんたちが

うちにもやり方を教えてほしいexclamation

っとなって
この全顧客身内化実践会がスタートした

ただ、やり方を教えても
それを毎月ちゃんとやりきれる会社は

ほとんどいなかったバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

教えても教えても
毎月作るのが大変という理由で

みんなリタイヤしていくバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

なんでわしができるのに
どの企業もみんな出来んのんじゃろうか?

 

その答えは一つじゃった

 

みんなお客さんを見とるんじゃなく

ニュースレターを出して
得られる結果(売上)

これしか見てないから

起こる結果と
毎月の面倒な作業を比較すると

面倒になってくるんよね

 

うちのお客様は
ニュースレターを読んでくれ

読んだ感想を
来店された時に
色々と話しをしてくれる

だからまた
次号は面白いことを書こう絵文字-気持ち (20)

そうなって次々作れていた

でも他の社長さんたちは
売上にしか目が言ってなかった絵文字-気持ち (23)

 

これだけの違いじゃったので

これじゃいかん!

そう思い

じゃ、その紙面を作るという
企画構成から編集作業、印刷まで

そして、ニュースレターを
封筒に入れるという作業から

ラベルシールを貼って
実際に送付するという工程まで

0d88fed09659a3403ee85d0b151d39cd

すべてを弊社が請け負うという

ニュースレターを作る上での
面倒な作業一式を取り除いてやったdouble exclamation

ただ、ラブレターの文面は
各社に作ってもらった

 

そしてこれだけじゃ
まだ出来ない理由を言いそうだったので

毎月一回全社が集まって
他社のニュースレターを客目線として読んで

面白いかどうか
酷評するという

月イチ勉強会を作った

それが

全顧客身内化実践会絵文字-矢印3

20181109_153314

ここでのルールは

一番目の厳しいお客になって
各社のニュースレターを批評する

そこにはリップサービスなどいらない!

そう決まっているので

皆自分のことは棚に上げて
言いたい放題言い合うdouble exclamation

でもこれが良かったんです!

みんな月イチの勉強会で
アレやコレや言われたくないので

ちゃんとした文章を書くようになるんです!

そうやって
各社のニュースレターの制度が上がる

そういう相乗効果もついたから
こんな10年以上も続いているんですdouble exclamation

 

そんな

全顧客身内化実践会

これがわしの本業なんです

本業という言い方はおかしいけど

これがわしの基本であり
うちの会社の基盤を支えている事業ですdouble exclamation

いまわしが全国で開催している
ブログセミナーやアップグレード経営道場は

da31b423cac18810a57b92fe639d943e

絵文字-矢印4このミッションのもと
アホ社長を救おうとやっているから

わしのマンパワーでやっているdouble exclamation

ということは
もし万が一わしの身になにか起こったとき

このセミナー事業だけだと
一円も稼げんことになるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

でもうちにはスタッフが居るので
そんな綱渡りのようなことはさせれないdouble exclamation

だからこの

全顧客身内化実践会と言うは

すでに10年以上もやっているという
実績も歴史もあるので

もし万が一わしに何かあっても

うちのスタッフたちは
2,3年は困らないじゃろうdouble exclamation

そういう意味も込めて

全顧客身内化実践会は
うちの本業と言っている

じゃけ、わしの会社では

毎日ブログを書くというデジタルと

毎月発行している
ニュースレターというアナログ

この両方を世の中に発信している!

デジタルとアナログの融合ね!

ここまでアウトプットしているから
そこそこファンが居るんだと思います!

なのでみなさん

時代はデジタルになっていくからこそ

こんなアナログが
意外に人の心へと入り込むんですよ!

 

そんな全顧客身内化実践会が気になるあなた!

いつでも月イチの
全顧客身内化実践会を見に来てください!

気になる方は
来月以降の実践会の情報をお知らせしますので

ここにご一報ください

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も10年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

コメントを残す

カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎