優秀なスタッフを育てたい

良くある工場で働く人達の苦悩を解消する!

vol.4595


つい先日コンサルした方は

モノを作って卸す
いわゆる製造業の人じゃった

わしは製造業の
ライン仕事をしたことがないから

ハッキリと実感として言えないんだけど

よく製造業の人からの相談では

社員の人からは

何のためにやっているのかが
見えなくなった・・・

という話があると言っていた

そりゃそうじゃろ

わしなんか
毎日誰かお客さんと会っているから

常にダイレクトに
お客さんの話を聞いているから

お客さんが苦しんでいる悩みも聞けるし

逆に、わしの元で勉強して
こんなに変わりました~~

っていう

うれしい報告ももらえるdouble exclamation

これがあるけ
わしは全国を飛び回れるんよね

どんなにハードな移動も
これがあるから出来ている

それだけ
お客様のリアルな声というのは

お金じゃ買えない
原動力を生み出してくれるdouble exclamation

 

でも、それが

工場の中で勤務している人達は

毎日毎日出会う人は

同じ工場で働いている
いつものメンバーで

いつもと同じ
作業をしているバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

それじゃ

何のためにやっているのかが見えなくなった

こう思うのも
当たり前じゃと思う

こう思うようになっていく社員の方は

この先どのようになっていくかというと

どうせ同じ給料なんじゃけ
楽な方がええわ!

となって

手抜きな仕事をするようになるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

どう

みんなが
こんな感じの
工場勤務じゃった

よし!お客様のために
もっといいものを作っていくぞ!

って思えますか?

わしは人が出来ていないから

絶対になれんわ

 

でもね

そんな工場勤務をしているわしが

ある時、うちの商品を
展示会に出店して

その商品説明として
わしが出て行ったとしようか

そしてそのブースに
すでにうちの商品を使ってくれている
既存のお客様が来て

ココの商品のアレ使っているんだけど
アレってよく考えられているし

アレがなかった
うちの商売上がってしまうよ!

これからも頑張って
アレをしのぐような商品作って下さいね!

なんて言われたら

さぁ~
どうなるでしょうか

わしじゃったら
めちゃくちゃ仕事に意欲が出て

アレよりも
もっともっと性能の良い商品を
作りたくなってきますねdouble exclamation

これって

どんなにボーナスを
上げてもらうよりも

ナマのお客様の声の方が
一発でモチベーションアップに繋がるわdouble exclamation

なので

工場を持っている社長さんには
毎回言うんじゃけど

その工場で働いている社員さんを
工場の外に出して

リアルにお客さんと触れあわせるexclamation

そんな機会を作ったら
絶対に化学反応を起こすよ!

ってね

でもこういう話をしたら

いやいや
彼らは現場での仕事だから

お客さんと話すなんて
出来ませんから・・・

なんて
すぐに出来ない理由を並び立てるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

しゃべれんのんじゃったら
そこは工夫すればええじゃん

なんですぐに
出来ない理由なんかね

ブースの中で
いつも工場の中でやっている作業を
実演させてみるとか

普段見れない
そのものが出来る
実演なんてやっていると

みんな立ち止まってみてしまうよね

それなら
しゃべれない社員だって
出来るじゃろ!

こんな風に色々考えて

出来ない理由じゃなく
どうやったら出来るのか

そこを考えて
リアルなお客様の声を聞ければ

確実によどんでいた工場内に
明るい空気が流れ始めるよdouble exclamation

ぜひやってみて欲しい

そんな勤労感謝の日に
わしは1人事務所で

めちゃくちゃ
コンサル三昧

今日も朝10時に
和歌山から相談者が来られていた

そこからは
Zoom三昧で

勤労感謝の日に

なんか普段より
仕事している感じがするわバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

この記事へのコメント

コメントを残す

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎