日々の中での大切な気付き

タコライス屋さんオープン初日の売上は!

vol.5866


沖縄のソウルフードであるタコライス

広島でやってみて
どれくらい売れるんだろうか?

沖縄で売れるんだから
広島でも売れるんだろうか?

その答えが出た!

 

ブログ責任者の
板坂裕治郎とは・・・

業界の常識をぶち破り
誰からも憧れられる
影響力を持った経営者を輩出する

これをビジョンに

NJE理論ブログという
オリジナルメソッドを全国でセミナー展開し

百発百中で彼らの人生を変えている
アホ社長再生プロモーター

それでは2024年5月13日(月)号
行ってみよう!

 

 

昨日のタコライスショップのオープンは
まぁまぁの手応えでした

今回ちょっと訳あって
沖縄との交流を作る関係で

沖縄の何かをしなければいけなくて

色々と考えたあげく

わしが沖縄に行ったら
絶対に食べる

タコライス

これを広島でやろうということになった

 

わしのオススメする
タコライスのお店は

キングタコスという
沖縄では老舗と言われるお店

ていうより

この店しか行ったことないので
他の店がどうなのかも分からなかったけど

今回、ビジネスとして取り組んでいるので
沖縄の色々なタコライス屋さんを
視察して回った

その模様は
昨日のブログにも書いたので
そちらをご覧下さい

タコライスのお店をオープンします!
内地の人達にタコライスと言ったら みんなタコスのことだと思っている それくらい内地の人には浸透してない タコライスだけど 沖縄ではソウルフードなんです! そんなタコライス屋をオープンします   ブログ責任者の …

ただね

沖縄であれだけタコライスやさんがあるのは
沖縄のソウルフードになっているから

広島で言えば

お好み焼きと一緒

広島には何軒あるんや!
って言うくらい
お好み屋さんがあるけど

他の県では
こんなにないでしょexclamation

しかも週に何回か
お好み焼きを食べたいと

思わんでしょdouble exclamation

それと一緒なんです

小さいときからずっと食べているから
口がその口になっているんです

ということは

広島でどんなに美味しい
タコライスを作ったとしても

あぁ~今日は
タコライスにしようか!

とはならんのんです

でも

どうしても
沖縄関連のモノをやらないといけないから

やるしかないんですdouble exclamation

でも、いきなり店を構えて
大金払ってやるほどじゃないので

まずは、イベントで
お客様の反応を見てみよう

ということになりました!

 

そこから試作に試作を重ね

やっと昨日
ネスト祭りというイベントで
お披露目することが出来た

そもそもこのネスト祭りは
ネストロジスティックという運送屋さんが

閑静な住宅地に
本社を移転したときに

その地域住民さんに
受け入れてもらう為に

20年前に開催したお祭り

その会社の社長とも仲良くしているので
第1回目から総合司会として参加している

 

そして20年もやると
毎年かなりの動員数で

ここ最近じゃ4000人くらい動員している
広島市東区の中じゃ

一番大きなお祭りとなっている

 

そんなお祭りで
いつもなら司会しかしてないけれど

今回はタコライス屋も出店して
市場調査をすることになった

ただ、昨日は

まれに見ぬ大雨予報

このネスト祭りが
雨に見舞われたことはなかったのに

よりによって今回だけ雨

しかも大雨予報

試作に試作を重ね
納得できるモノを作ったのに

300食の予定を
100食に減して挑んだ

 

まぁ~始まる前から
これだけ大雨予報だから

来る人も少ないだろう

そう予測していた

ただ、いつものように
イベントはスタートした

ステージでは
色々な出し物が始まり

いつもの西宗神楽団による
3回公演も行われた

すると

開始から
バケツをひっくり返したような
大雨に見舞われたんじゃけど

ビックリすることに

来場客はめちゃくちゃ来てくれる

広島を代表する
ソウルフードの

むすびのむさしや
ちからのうどんなんか

大行列になっていた

そしてわしらのブースも
気合いを入れて作り込んだ

このテントの上にある
よくお祭りの屋台とかで見る看板も作って

ちなみにこの看板

こういうのをどこで頼んだら
作ってくれるのか分からないけど

ちょうどうちの同友会メンバーで
副会長をやってくれていた

大蔵プロセスの蔵本社長が

看板の幕も当然ですが
それを付ける組み立てキットも
ご用意できますよ!

といって

こんな図面まで送ってきてくれたので
デザインだけうちで作って
全てを彼にお任せした

もし必要な人は
この会社に依頼してね

大型印刷、大型シルクスクリーン、大型インクジェット出力、塗画(手書き)大型印刷のことならお任せください|有限会社 大蔵プロセス
大型シルクスクリーン印刷、大型インクジェット出力、塗画(手書き)を得意としお客様に安心と信頼をご提供いたします。大型印刷のことならお任せください。広島 大型シルクスクリーン、大型インクジェット出力|有限会社 大蔵プロセス

 

テント周りもバッチリ

会場で配るチラシもバッチリ

そして

タコライスに合わせる
沖縄特産のオリオンビールもバッチリ

そして

こんな大雨の中
100食全て完売に終わった

 

そして市場調査の結果

広島人には
タコライスという文化はない!

ということだけは分かったんじゃけど

 

昨日一番最初に来てくれたお客さんは

沖縄のタコライスが好きで
最初からこれを期待してきたんです!

といって大盛りを買って帰ってくれたけど
そこから数時間して

あまりにも美味しかったので
そう言ってもう一個買ってくれたexclamation

それだけ味に関しては
キングタコスのお店を
忠実に再現できたんじゃないかな

後はどうやって

広島でそれを売っていくか?

という大きな壁を
どうやって乗り越えていくか?

あぁ~また
悩み事が増えてしもうたわ・・・

 

でも、スタッフ総出で出来たので
彼らも日常と違う1日が過ごせたので

良かったとしよう

 

そして、イベント最後に
このネストの会長から

皆様にお礼の言葉として
一言振ったんじゃけど

こんなに大雨の中
こんなに大勢の人が来てくれて
マジで嬉しいですたらーっ (汗)たらーっ (汗)

って泣きながら言うんですよ

まぁ~この迫慎二という男は
よ~泣く男なんですが

この男の泪には
伝染するチカラがあるので

なんでか分からんけど
わしまで泣いてしまって

最後の締めの言葉は
涙流しながらしゃべったわたらーっ (汗)たらーっ (汗)

 

ただ、これだけの大雨で
あれだけの集客が出来る
このお祭り

中小零細企業がやっているとは思えんくらい
デカいお祭りに成長しました

また来年もやるので
みんな来てみて下さいね

 

このブログを読んで
何か疑問に思ったことや
質問してみたいことがあったら

ここに質問してみて

ゆうじろうロボットが
板坂裕治郎に変わりお答えしますので

 

ほんじゃまた

 

 

 

 


プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論と、厳しさと情熱、人情味あふれる指導で

『業界の常識をぶち破り、誰からも憧れられる影響力を持った異端児を輩出する』

これをビジョンに、オリジナルメソッド「NJE理論ブログ」を全国で展開し 受講者からは「マジで人生が変わる!」との声が続出

これまで、2900人以上の方が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げ、自身も13年間毎日更新し続ける。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなり
2021年に2冊目となる「日本一わかりやすい『強みの作り方』の教科書」も、たちまち重版するベストセラーとなっている。

カテゴリー

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎