ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎

頭を下げない商売の方法

面接して入社してもすぐに辞めていく、その対処法!

vol.4470


昨日ある経営者の方と話をしていたら

面接をして
色々と話をして

やっと入社して
初日の出勤が終わり

次の日には出社してこない

連絡を取ってみると
何かが違うので辞めたいと・・・

こんなのが立て続いた

最近って、みんなそんな感じですか?

 

そんな話があった

 

んんんん~~~

 

最近ってそんな感じです

 

今の時代には

石の上にも三年

って言う言葉はないみたいです

っていうか

今の時代に

石の上に三年もジッとしていたら

時代の流れが変わって
それに乗り遅れるようになる

って事なのかも

石の上にも三年と言っていた時代は

選択肢が少なかったのかも

じゃけ、今の時代は

苦痛を感じる中で
わざわざそこにジッとしておく必要がないdouble exclamation

って事なのかも

でも

それにしても

出社一日で辞めてしまう

って言うのは

その子に問題があるのと

やっぱりその子を入社させた
企業側にも問題があると思う

企業側も1人の人間を
雇用しようと思うと

それなりに責任もあるし
労力を使うもの

でもそれが
成約後一日で終わったら

金も時間も無駄になるバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

ここ最近スゴく思うのは

毎年新入社員を
新卒から取っているような企業なら

ちゃんとそこにお金も使って
リクルートとする必要があるけど

わしらのような
中小零細弱小家業が

定期的じゃなく
求人をする場合

見た事もないような人を
面接して入社してもらう

と言う流れに
無理があるように思うdouble exclamation

わしも過去に
腐るほど面接してきたけど

いくら2,3回面接したって
実際に使ってみないと
何も分からなかったバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

そして過去を振り返ったら

面接で入れた人財よりも

縁故関係からの
紹介などで入れた人しか

続いていないdouble exclamation

ということは

お互いをよく分かった人で
スタートラインに立たないと

一緒に長いマラソンは走れないdouble exclamation

という事じゃと思う

 

そして最近さらに思うのは

わしのビジネスのやり方の

頭を下げずにモノを売る

と同じように

リクルートに関しても
頭を下げていたら

いつまで経ってもいい人財なんか集まらないdouble exclamation

そう思う

面接に来てくれるその人が
よく分からないのと同じように

向こうもこっちのコトなんて
何も分かっていないから

目に見えて分かる

給料やお休みと言った
条件面でしか判断してないdouble exclamation

よくよく考えてみると

これじゃお見合いが
成立するわけないもんね

それなのになんで
頭を下げたリクルートに
なってしまうかというと・・・

企業側が
大至急人を欲しいと思っているからdouble exclamation

そういう台所事情があるから

みそもかすも何でもええけ
はよう人を入れんとヤバいdouble exclamation

ってなっているんよね

こんなリクルートするけ
そもそもええ人財なんか来るわけないよね

 

じゃけ、リクルートにも

頭を下げない

このメソッドを入れるべきじゃdouble exclamation

 

その為には

ぜひ入社して下さい

というスタンスじゃなく

じゃ、入れてあげますよ!

というスタンスで行きたいね

 

その為にはどうすれば良いか

それは

こちらの会社の

仕事に対する考え方

スタッフに対しての考え方

などを先に発信しておいて

それをちゃんと理解した人に
面接に来てもらうdouble exclamation

これが一番じゃと思う

わしの提唱する
このNJE理論ブログでは

こちらの考え方を理解した
お客様から

ぜひアナタから買いたい!

そう言って来てもらっている

それと同じ事をすればええんよ

こちらの仕事に対する姿勢や
スタッフに対する考え方を発信しとけば

そこに共感した人が

ぜひこちらで働かせて下さい!

そういうオファーが舞い込んでくる

これは

希望的観測でしゃべっているんじゃなく
実際にうちの生徒さん達の周りでは

こういう流れから
人が入社して

今でも戦力バリバリで働いている!

なんてことはザラにある

 

実際にわしも
先日求人に関する記事をアップさせた

するとその記事を見て
1名の方が応募してくれた

ただ、その方とは
今の時点での条件が合わなかったので
破断したんじゃけど

その時の記事がこちら

新卒、在宅、バリバリ転職の方、お金目当てじゃない方は必見!
先日とある 大先輩経営者の方と話をした その社長が 数年前に新卒社員を入れたらしい わしも会社をやって 30年になるけど 新卒の人なんて 入れた事がないので どうですか? って聞いてみると   いや~ 新卒はえ …

 

結局、まだ見ぬ誰か分からん人に
時間と金をかけて

いざフタを開けてみると
1日で退社した・・・

なんていう事に
時間をかけるよりも

こちらの考え方等を
ちゃんと理解して

ぜひここで働きたい!

そう思ってくれる人に
集まってもらった方が

結果、その方が長く続く!

じゃけ

求人に関しても

このNJE理論ブログは
役に立つという事ね!

 

ほんじゃまた


お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス

プロフィール

名前 板坂 裕治郎
職業 経営コンサルタント
通称 アホ社長再生プロモーター
住まい 広島県
生年月日 1967年2月9日

1967年広島生まれ。
1990年、一般人が絶対に着ない服だけを扱う洋服屋「タイアンドギー(広島弁で「かったるい」の意)」を創業。

映画「ミナミの帝王」に衣装提供するなど、数多くの著名人に愛される。
その後、複数の飲食店を開業し、事業を拡大するが、仕入れ先の倒産がきっかけで資金がショート。銀行や消費者金融から借入のほか、ヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。

一時は自殺まで考えたが、その時期に7人もの経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。

「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。自身の壮絶な体験から導き出した経営理論で、経営の危機にある多くのアホ社長を儲かる経営者に生まれ変わらせている。

実体験にもとづいた、即役に立つノウハウと、厳しさと情熱、人情味あふれる指導は数多くの経営者から絶大な支持を集めている。

現在では、ブログを活用して小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。

これまで、2700人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。自身も13年間毎日更新し続けるブログを通じて、多くのファンを魅了している。

2018年に発売した「2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則」は、発売前から重版するという異例のベストセラーとなっている。

コメントを残す

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

© 2016 ブログで集客する方法とコツ!2000人が成功したNJE理論とは?板坂裕治郎